ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2018年 07月 30日 ( 1 )

a0199297_16350352.jpg


『出を待つ(でをまつ)』
という
言葉が好き
です。



a0199297_16343643.jpg



断続的な激しい雨が朝まで残っていた白河市だったのですが
運送屋さんのトラックが教室の前に到着する頃には
青空が顔を覗かせておりました。


a0199297_16375341.jpg

作品は無事に出発しました。 (微笑)


a0199297_21174674.jpeg

『第42回 福島二紀展』
2018年8月1日(水) ~ 8月6日(月)
午前10時 ~ 午後6時 (最終日は午後4時まで)
「福島市民ギャラリー」
960-8034 福島県福島市置賜町4−20
電話:024-524-2330




午前中の教室から
は、、

a0199297_16413153.jpg

a0199297_16462710.jpg

ここなちゃん(小5)
の作品が完成です。



a0199297_16471408.jpg
『農協図画展覧会(農作物の絵)』



青空にトマト
、美味しそうで
映えます

。 (^〜^)



午後の教室には
始めての夏休み教室
、、

a0199297_16522325.jpg
あお君(小1)
が参戦です
。(自動車が好きなんだねあおくんは?
『交通安全ポスター』
を描くコトに
しました) (^〜^)


午後の教室から
は、、

a0199297_16550123.jpg

a0199297_16553169.jpg

さやかちゃん(小6)
の作品が仕舞い
です


a0199297_16564695.jpg
『WE LOVE トンボ絵画コンクール』


さやかちゃんらしい青色と
紫色とが印象的な力作が完成しました。


(^0^) 、、と満面の笑みでご紹介させていただいていますが
作品の完成が近づくと子どもたちからこんな質問が出ます。

「この絵ってコンクールに出した後はどうなるの?」

正直、答えるのが
とてもツラい質問です
『WE LOVE トンボ絵画コンクール』の募集要項には「140,000点以上・5,000校以上のご応募をいただいているため、入賞作品・落選作品いずれもご応募いただきました作品は返却することができませんのでご了承の上、ご応募ください。なお、作品は事前に写真などで記録することをおすすめします。」と書かれてあります。つまりはどういうコトか?と言うコトです。ずいぶん前に子どもたちからの返却要望を「コチラで費用負担しますので」と申し入れしたコトがありましたが残念ながら例外はないのです。子どもたちの描いた絵に対して抱いている想いから、返却に関する同じような問い合わせが多数あるようですが、これだけ大規模なコンクールになってしまうと「想い」だけでは動かせないモノが出来上がってしまうのでしょうね。

「この絵ってコンクールに出した後はどうなるの?」

なんだかの方法で
「処分されて」
仕舞うのでしょう。

夏休みいっぱい子どもたちとともに
それらコンクールの絵の世界にどっぷりと浸かり
描いている僕としては、
なんとも複雑な気持ち
です。

2011年8月にも同じく
グチっておりました。https://suzuky.exblog.jp/13261100/

(ははは) f^^:




夕方からの3時間教室前半の僕
は、モノ凄まじい眠気との戦いになって
仕舞いました。(なさけないけど
くたびれる)



明日の月曜日
、子どもたちは
一旦お休みで、
カメちゃんと
コットマンサークルの皆さんの教室です。



では
ココまで。




m ( _ _ ) m





@


by yoshikazusuzuky | 2018-07-30 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)