ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:かいがきょうしつ リベラ( 1175 )

雪が舞っていたので
温室の寝床に湯たんぽを入れました

a0199297_19314016.jpg
a0199297_19314075.jpg
「ぼくはえんがわできたかぜピューピューにゃん」



ノラさんごめんね f^^:




幼なじみのさとし君がくれた
マダガスカルに棲息する多肉植物
(もう二度目の冬なのですが
何度聞いても名前を覚えられないの)
は、、

a0199297_19314189.jpg
気温(室温)が
「5℃」を下回ると
死んでしまいます
ので、

帰宅する時には
トイレの便器のヒーターを
「強」
にして、、

a0199297_19314053.jpg


ビニール袋をかぶせて
簡易温室状態にして置いてゆくの
でした。


狭いトイレ内のコトなの
で、、

a0199297_19314008.jpg

室温は10℃前後に保たれるの
です。

来年は花芽が出るとイイなあ
と、楽しみにしているの
でした

。 (微笑)




きょうの金曜日の子どもたちで
飾りモノの工作は
、、
a0199297_20262448.jpg
(アヤカちゃんの雪の結晶)

お仕舞い
です


コレは大作でしょう!(でしょう?)

a0199297_20262467.jpg
a0199297_20262424.jpg
(アオの宇宙船です)


a0199297_20262435.jpg

星の海に出航
です
。(^〜^)


a0199297_20262532.jpg
(かっちょイイ〜!)


a0199297_20511909.jpg
(フーちゃんの不思議玉も完成しました)

a0199297_20511907.jpg



まあコレだけの作品を残して行ってくれるのだから
教室終わりの机上が、
こんな状態なのは仕方のないコトなの
ですが、、

a0199297_20511951.jpg
a0199297_20511929.jpg

毎回のコトながら
やっぱり後片付けは
面倒っちいです

ね。(ははは) f^^:





明日の土曜日からは
年内最終回の教室が
続きますので
、、

a0199297_21120061.jpg


さいごは
『あたたかい絵』
で温かく締めようかな
と、思って
います


では、
また明日


土曜日の教室
で。


今夜は2019年1月のお手紙と
新しい月謝袋の準備です。



(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2018-12-15 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
まだ陽光射す
午前中に、
軒下の飾り付けを
始めました

a0199297_16500043.jpg
a0199297_16500020.jpg



いきなり
賑やかになりました

ねぇ〜 (^〜^)


子どもたちは
作り方の二巡目に入りました
のですが
、、

a0199297_16500142.jpg
a0199297_16500128.jpg

他の子たちの作ったモノを見て
新しい作り方のアイディアを真似してみようかなあ
とか、その作り方を自分なりに
カスタムしてみようかなあ
とか、「誰一人として」とは
言わないけれども「ほとんどの子」が
考えないのが不思議
です。


そんな子たちが
ゴミ箱に捨てた失敗作のパーツを集めて
ヨシさんが作った
「空を飛べる生きモノ」
が、コチラ!

(^〜^)

a0199297_16500155.jpg


「どうよ、スゴいだろ〜!!」

と(スギちゃん風に)子どもたちに
自慢してみたけど
、、

a0199297_16500131.jpg
「へ〜スゴいね」
と、軽く往なされた
ヨシさんでした

(まる) f^^:


新作も追加しながら
もっともっと
賑やかになる
、、
a0199297_16500204.jpg
a0199297_16500258.jpg
a0199297_16500219.jpg


リベラの軒下なの
でした


a0199297_18434204.jpg

a0199297_18434337.jpg



(^〜^)





明日は12月9日・日曜日です。
「かいがきょうしつ リベラ」を
終日お休みにして、

『りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム』
(福島県伊達市霊山町石田字宝司沢9−1
TEL:024-589-2211)

に、僕は
おります

あたたかい絵のワークショップをしてきます。


(^〜^)




by yoshikazusuzuky | 2018-12-09 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
まるで
静止軌道上の人工衛星
のようです

a0199297_19545533.jpg



昨年末に子どもたちが作った
のパーツが残っていたので
新作に先駆けて飾ってみました。


(^〜^)


きょうの子どもたちで
お飾り作りが一巡しました

a0199297_19563804.jpg


教室が始まり一時間を過ぎた頃から
教室は「シ〜ン」と静まり返り、、

a0199297_19563873.jpg

子どもたちは
工作集中モードに突入したの
でした


a0199297_19563838.jpg
a0199297_19563869.jpg
a0199297_19563853.jpg
a0199297_19563959.jpg
a0199297_19563928.jpg



何が出来上がるのか?
製作過程をじっくり見学していても
わからないのですが
、、(完成しても
謎のモノ多し)f^^:


a0199297_19563923.jpg


たくさんたくさん
出来ましたので

、、


a0199297_19563908.jpg


明日から飾り付けを始めましょう。 (^〜^)



明日はフルパワーで一日を乗り切る
土曜日です。


明後日の日曜日は
「りょうぜんこどもの村」
でのワークショップ
です


とにかく、、

雪にならないコトを
祈っているの
です。




by yoshikazusuzuky | 2018-12-08 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)


a0199297_19215308.jpg
「ぼくドラ〇もんです」


(ウソつけ!)f^^:

、、と
言うワケ
で、、(なにが「と言うワケ」なのだ?)f^^:

a0199297_19215242.jpg


「いつ雪にかわるのだろう?」
そう思わせる冷たい雨がふる中でしたが
そろそろリベラのイルミネーションも準備をしましょう

a0199297_19215213.jpg
a0199297_19215365.jpg

「はいできました」(^〜^)
週末から順繰りと
子どもたちの作品を飾りますよ。(^0^)

a0199297_19215357.jpg
2年前にリベラを卒業して
他県へと行ってしまった子が作ってくれた
「銀紙リベラ」
も定位置に準備しました。(^〜^)



木曜日の教室

a0199297_19215310.jpg
a0199297_19215360.jpg
a0199297_19215371.jpg
a0199297_19215476.jpg
a0199297_19215443.jpg


この子たちも飾られますよ〜!
もうすぐですよ〜!


(^0^)/



a0199297_20165700.jpg



「お楽しみにね〜!」



(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2018-12-07 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
ボクノカバン(ちび鞄)にオイルを塗って
お手入れ
お手入れ

(^〜^)

a0199297_14521971.jpg

『NORDFELD』
「ノルドフェルド」の革職人
・北野さんに修理をしていただいてから
一年になります。
斜がけで下腹の辺りに心地よい重みを感じつつ
、毎日大切に(いつも通りに?)f^^:
使わせていただいてます

a0199297_14522063.jpg

画像手前に写っている茶色い革鞄について短く説明。


a0199297_14522082.jpg

笠間(茨城県笠間市)に
往けば立ち寄るビンテージなお店で
、「ロシア軍用工具鞄」として購入したのでしたが
ポケットなどの形状がどうにも気になって調べてみたら
実は、『ドイツ軍用信号拳銃収納鞄』でした。

a0199297_14522030.jpg
三角形のポケット部分に
「信号拳銃(フレア銃)」
が、入ります。

a0199297_14522062.jpg
円柱形のポケットには
「信号弾(照明弾・発煙弾・彩光弾)」*
を収納するように作られているのでした
。 ロシアでも内容的には全く同じモノが作られて軍で使用されている(いた?)のですがそちらは合成皮革製で留め革の部分の作りがちょっとだけ異なっているのです。

もちろん工具を入れて使用するコトも可能なの
(始めはそのつもりで購入したの)ですがこうなると
「なんとかして信号拳銃(もちろんレプリカ)を入手出来ないモノだろうか?」
とか考えている僕なのでした

(むふ) /^〜^@






a0199297_14522026.jpg

a0199297_14522177.jpg

カメちゃんの教室があって
コットマンサークルの教室があって

a0199297_14522126.jpg

きようは
早仕舞い
です



あすは『東北の建築を描く展』と
『風花画廊collection』の搬出をします。
宮城県仙台市は「東北工業大学」と
福島市の「風花画廊」に出かけて来ます


もうひとつお知らせ。

リベラっ子の
金澤郁弥(かなざわふみや)の個展
が、明日開幕します。

『金澤郁弥展 ~ゆめの痕跡~』
2108年12月4日・火曜日 ~ 12月9日・日曜日
「Gallery Cafe 3」
15:00 ~ 22:00(最終日は20時まで)
166-0003
東京都杉並区高円寺南3-45-9
tel:03-3313-3688

福島ー東京ー京都ー東京
修行行脚の金澤郁弥
の絵画展です。
「なにを思って(想って)そうなのか?」
彼はここ数年「キリン」ばかりを
描いています。
そしてキリンを描きながら
間借りして、
『喫茶 金澤』
なるcafeも
開いています。(今回はどうなのかな?)

会期中はフミヤ、
在廊しているようです。


展覧会の盛況を祈っていますよ。


(微笑)




by yoshikazusuzuky | 2018-12-04 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)

僕の布団の中から顔を出した
黒猫のパトさんが
「にゃあ」
と言ったら、
「にゃあ」
と言う形に
パトさんのはいた息が
白くなりました

a0199297_16405682.jpg
a0199297_16405632.jpg
a0199297_16405678.jpg


朝日に消え始めていましたが
温室まわりの原っぱ一面に
霜が降りていました。

温室に移動した
黒猫のパトさんも
毛布の上に
、、
a0199297_16405758.jpg

白く翳んで
居りました

(さむいさむい)





午前中は小学生と
お飾り作りをしていました

a0199297_16405740.jpg
a0199297_16405778.jpg
a0199297_16405788.jpg
a0199297_16405863.jpg


だんだん
賑やかになって来ました
盛り上がってきました
(ねえ?)


a0199297_16405865.jpg
「うん」



ダレだコノ子は? (にゃはは) ^^






a0199297_20044810.jpg

夕方からの
中学生・高校生は
熟し切って朽ち始めた
柿と、(先週試験休みだった子は)
自画像を描いて
くれました


a0199297_20044847.jpg


(^〜^)






明日はカメちゃんと
コットマンサークルの月曜日です。

来週はいよいよ
雪が降るの、、かなあ?

雪かあ〜





by yoshikazusuzuky | 2018-12-03 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
カメちゃんの教室おわりに
パレットが
、、
a0199297_14332712.jpg


ちょっと不思議な感じで
残されていました


コットマンサークルの教室中です。

a0199297_14332768.jpg

a0199297_14332761.jpg

公民館教室から始まったコットマンサークル。
初めてのデッサンに使用した紙が
『コットマン紙』
だったのでこう名付けられました。

注:現在『コットマン紙』は『ヴィフアール紙』と改名されています


静かな午後に
筆の音が心地よいです。 (微笑)





by yoshikazusuzuky | 2018-11-26 14:34 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
カメちゃん:「夜なんだけどこの青色(あお)なんだよ」

僕:「星々の薄明かりに夜もぼんやりと発光するんだね」

a0199297_10171707.jpg
a0199297_10171718.jpg
a0199297_10171743.jpg
a0199297_10171846.jpg

カメちゃんの教室が
始まりました



(^〜^)

by yoshikazusuzuky | 2018-11-26 10:20 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
銃刀法で規制が厳しくなるまで
ナイフはとても身近なモノで、
僕はカミラス社製の米軍ポケットナイフ(4得ナイフ)
を、常に携帯していました。

「このナイフさえあればどんな困難も切り抜けられる」

とさえ、本気で思っていた節があります。(苦笑?)

ずいぶん前にもココで愚痴った記憶があるけど
、米軍のポケットナイフにしてもスイス軍のポケットナイフにしても
そこまで規制の対象にする必要があるのだろうか?
と、いまでも納得がいかない気持ちです。

何か犯罪が起こり、
その犯罪を起こした人物の所持品や部屋から
ナイフやモデルガン(エアガン)などが押収されると
、まるでソレが悪の道具であるかのようにメディアに取り上げられるのは
どうなのかなあ?と、思います。
悪は常に人に付きまとうものだと思うからです。
深い部分に触れるのは危険なのでもうこれ以上は言わないけれど
そう思います。(個人的な見解です)



古道具屋で、全体的にガッチリと錆び付いた(ケース部分は真鍮製と思われるのに
輝きは失せて銅よりも赤い色をしていた)折りたたみ式のナイフを見つけて
購入しました。(見つけた瞬間から錆び落としの作業がたまらなく待ちどうしいほどの状態は
ただただ嬉しくなります)

あらゆる錆落としの方法を駆使し、
数日かけて錆を落としてから(刃はもちろんステンレスではなくて鋼なので
錆が深くまでもぐり込んでいてどうにもならない痕跡は味として受け入れます)
砥石を使って「刃」を研ぎ出しました。

a0199297_18154006.jpg

a0199297_18154021.jpg


刃物に心地よさを感じるコトは
「普通」ではないかも知れないですが
とても心地よい思いがします。



コチラは、ずいぶん前に
錆び落としして仕上げたモノ
。(父親の工具箱に同じ型で大きさのナイフが入っていて
ヨシさん少年はコトあるごとに使わせてもらっていた記憶があります)


a0199297_18154097.jpg

a0199297_18154157.jpg

錆を落としたあと、刃の部分を研磨剤を使って磨き込み
、腐蝕液を薄く薄く塗り重ね
さらに磨き込んで
「ガンブルー」
に仕上げました



a0199297_18154007.jpg

今回のナイフはこれ以上はいじらずに
、この状態で使用する予定
です。 (微笑)




日曜日の教室
お仕舞いです


a0199297_18154029.jpg

a0199297_18290320.jpg

a0199297_18290357.jpg

a0199297_19362971.jpg



教室しながら
いつナイフを研いでいたのかな?
って話しですね
。(ははは) f^^:



こんやはコレにて失礼



明日はカメちゃんとコットマンサークルの月曜日。


また明日です。




(^〜^)






by yoshikazusuzuky | 2018-11-26 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)

教室を始める時間
子どもたちの鉛筆を削りながら
、、

a0199297_10423797.jpg


子どもたちの夢見るコトについて
考えています。

夢見るコトと夢を追うコト。

僕はいつに夢見て
いつに夢を追い始めたろうか?

「始めるのに遅いなんてコトはありません」

僕も生徒さんに
こう言うけれど、

僕は夢見て追いかけ続けてきたコトに真剣に向き合う大切さに気付くのが
遅すぎたよなと思います。

残された時間で何処までゆけるだろう?

昨日の夜に
高校生たちと
「何かをさがす」
コトについて話しをしました。
外国に居る時に何度も耳にした
「何かをさがしに来ました」
と言う言葉。

その言葉を口にした20代30代40代の人たち。
あの人たちから僕は、
何の真実味も感じ取るコトが
出来ませんでした。

「何かをさがしている」

20歳だった僕には、
その人たちがその言葉を言い訳にして
見せかけの自由に甘んじているようにしか見えなかったし、
たぶんその「何か」が目の前に現われても
この人たちは気付かないのだろうな
と思いました。(傲慢ですが20歳になったばかりの僕には
そう思えたし50代になった今でも同じように考えています)

僕は何かをさがしに日本を出たのではありませんでした。 日本から(あまりにも自分を甘やかし過ぎてどうにもならなくなった自分をとりまく環境から)逃げ出したのでした。 何かをさがすよりもっとヒドいかな。

a0199297_10423622.jpg
鉛筆をカッターナイフで削っていると、限界がわかります。 これ以上削ったら折れてしまう芯の、ギリギリのトコロが見えるのです。 折れて仕舞いそうな境界線上で震える芯の切っ先は美しいです。 そしてこの芯のようでありたいと思います。


a0199297_10423613.jpg
高校生たちは将来を見つめます。

たくさんのコトを考えます。

僕も考えます。

自分に残された時間で
辿り着ける場所まで、
僕は行きたい。



朝から何の話? (笑)



空気はキンとして冷たいけれど
青空が広がっています。

日曜日の教室が始まっています。



(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2018-11-25 10:45 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)