ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:かいがきょうしつ リベラ( 1066 )

『光のブレスレット』
を考える時どうしても
ウルトラマンジャックの必殺兵器
『ウルトラブレスレット』
を連想してしまう世代の僕
です。


きょうは臨時で棚倉町教室があったので(脅迫電話と嫌がらせの手紙の影響拭えず
次回12月22日をもって棚倉町教室の講師をやめるコトになりましたので理屈無しに
心から残念な気持ちいっぱいで指導を終えて)午後は急いで教室に戻り
、、
a0199297_19372844.jpg

a0199297_19375494.jpg

光のさかなの見本(と言っても紙筒の部分的に
急いで作った10数枚の光のうろこをグルーガンで貼り付けただけ
ですが)を作りました


そして、かつてセロテープ大事件が起こった時の
セロテープの芯が大量に入ったダンボール箱を発見しましたの
、、
a0199297_19402641.jpg

a0199297_19405378.jpg
(こんなモノ)


こんなモノも
作ってみました



『セロテープ大事件』とは「何ぞ?」
「何ぞ?」という方はコチラから ⬇
その概要をご覧下さい
。(^〜^@


後悔、、ではないけど
あのイベント(?)は映像に残こしておくべきだった
素晴らしい出来事であったのだなあ、、と思います。



話をセロテープの廃芯に戻しますと、、

大げさに言うほどのモノでもないけれども
出来上がりがちょっと素敵!(^〜^)

光りのうろこのブレスレットだから
『光のブレスレット』
と呼びましょう。(ちなみにウルトラマンジャックの光のブレスレットは
ウルトラ兄弟の長兄であり
ウルトラマンの故郷、M78星雲「光の国」の宇宙警備隊隊長でもある
ゾフィーが開発した変幻自在の最強兵器なんだな
コレが)(^〜^)

もちろん「コレもお飾り」になるの
ですが
、、
a0199297_19450278.jpg
なんとなくコッチの方が
光のさかなよりも人気が出てしまいそうな気がします。 f^^:



金曜日の子どもたち

a0199297_19454243.jpg
「トンテンカン」

a0199297_19483105.jpg
「トンテンカントンテンカン」

a0199297_19490032.jpg
「トンテントテカントンテンカン」


、、と
リズミカルにカナヅチ奮って
アルミ玉を叩きまくり、、


a0199297_19510087.jpg

ウロコを作ってくれました。

a0199297_19502596.jpg

もちろんウロコは着色されるモノだと考えていたヨシさんでしたが
「このままでもイイんじゃないかなあ」
とシンプルさを尊重してほしいとの要望が
子どもたちからありました。

a0199297_19560157.jpg
「なるほどなるほど」


a0199297_19565251.jpg

追々考えてゆきましょう。


(^〜^)






こんどは自宅に非通知1秒着信電話が来るようになっていて
ため息が出るね。
物事は全て相対的であるワケだから
脅迫の電話が来なくなり
迷惑な手紙も届かなくなり
それらが一秒間で切れる着信に変わったとしたなら
それは進展したと言えるのだろうか?
そんなワケないね。
僕のブログを見に来ている脅迫者は足跡を残していて
でも本人はそれに気づいていなくて
毎日表示される痕跡を見ながらため息をつくのです。
コチラが気づいているコトに
早く気づいてくれないかなあ
と思う毎日は疲れます。
非通知電話にも出ますから1秒で切るのは止めてほしいよね。
ベルを鳴らして下さい、、なんて言うと
夜中とか明け方に鳴り続けたりするんだろうね。

「疲れるなあ」




あしたは土曜日です。



今年もあと二週間ですよー


(微笑)




by yoshikazusuzuky | 2017-12-16 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
今年の聖夜と年末年始のリベラ教室のお飾りは
「光のうろこを身にまといし光のさかなと過ごすコト」
となりました。(自画像描きで後回しになった
「いつかの未来に」
はまたまたコレの後回しとなってしまいました。
(ちなみに 昨年末から年始にかけての年越し飾りは
なぜ作らなかったのだったかな?)



新しい課題は、たいがい木曜日の2人から始まるので
木曜日の2人の作業がお手本になったりするのだけれど、、
a0199297_22405235.jpg

a0199297_22411035.jpg

a0199297_22414697.jpg

a0199297_22420256.jpg

妙なテンションだったハル坊は風邪気味体調不良で早くお帰りしたし
高校受験でリベラをお休みしている子から進学に関する相談ごとの電話が入ったりもしたし
ヨシキちゃんもいまひとつ気持ち盛り上がらずだったりもして、、
何だか静かな感じで夕方の教室を仕舞いました。


ガチャガチャ大会の「しあわせ玉」から始まったヒカリノウロコだったのに
教室外で制作するコトが多くなってしまい
かんじんのリベラっ子には作ってもらってなかったからね。

今年の年末年始のリベラのウッドデッキの天井に
キラキラな光のさかなたちを泳がせましょう。



(^〜^)












なんてったって(何と言っても)
リベラっ子たちは『光のうろこ』の生みの親なのですから
きっとすんばらしくきらっきらな(きっと素晴らしくキラキラな)
『光のさかな』たちを誕生させてくれるコトでしょう。


楽しみにしてますよー!




(^0^)/






by yoshikazusuzuky | 2017-12-15 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
昨日の夜に降った雪は
うっすらと白く地面を覆っただけでした。

a0199297_17153643.jpg
初の積雪
です。





一部の小学校では
土曜日授業があったりしたようで
、、
a0199297_17163941.jpg

a0199297_17165781.jpg

a0199297_17171976.jpg

a0199297_17182129.jpg

午前中は4人で
午後は8人の小学生教室
でした。




a0199297_17193537.jpg

a0199297_19474118.jpg

夕方からの
中学生と高校生教室は
二人行方不明(?)
、、で
4人の参加
でした

a0199297_21215890.jpg
中高生ともなると
『自画像』
の受け取り方も
様々です


a0199297_21223267.jpg
ヨシさん
今日も便乗


(微笑)




a0199297_21231049.jpg

a0199297_21232497.jpg

ところどころ白いままの画用紙で抜けているのはお休みの子のスペースです。

来週には全て描き上がる
と思います。

全てが描き上がったら、
昨年(2016年)の自画像とならべてご紹介
してしまおうか知らん。 (^〜^)




今週も何かと心ざわつく一週間でしたが一週間頑張ったコトには代わりはないので
今週もお疲れさまでした、、と言います。


「お疲れさまでした」


(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-12-10 00:40 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
棚倉教室に出かけようと
外に出たらなんともワイルドな
と言うよりは
、、
a0199297_19262159.jpg
傷だらけで汚っちゃない顔をした
白猫のノラさん
が待っていました

「う〜む」

なんて汚っちゃない顔になってしまっているのだ
白猫のノラさんは?




教室の生徒さんが
とても貴重な鉱物を持って来て見せてくれました。

a0199297_19271969.jpg
まるで生物の
「卵化石」
のような姿(画像右)
です。


a0199297_19275149.jpg
採集時は砂礫に覆われた状態(画像左)
です。


『壷石(つぼいし)』
と言って鉄鉱石が砂岩や粘土の核を包み込むように生成され
その球状の鉄鉱石の周りを小石などを含んだの砂礫岩が覆っています。

周りの砂礫を取り除き
鉄鉱石に穴を開けて中に詰まった
砂岩(或は粘土)を搔き出すと、
中空の球体が出来上がるの
でした。


a0199297_19364662.jpg
ストロボを焚いたこの画像で見ると
空洞内壁に砂が付着しているのが見て取れますね。


この壷石は『カナツボイシ』と呼称されていて
福島県東白川郡塙町常豊地区で
昭和44〜46年頃に、塙中学校科学クラブの生徒さんにより採集されたモノ
なのだそうです。

存在は知っていたし、
ブログにも壷石らしきモノの画像を載せたコトがあったけれど
コレが本物の「カナツボイシ」なのです。

素晴らしく感動的なその姿を初めて肉眼で確認し
触れるコトも出来たのでした。*鉄鉱石の「殻(から)」が
想像以上に薄くて華奢だったコトに
ものスゴく驚きました。

見せてくれた生徒さん
に感謝です。

「イイもの見たあ!!」  /(^0^)





『2017年の自画像』

ご紹介の2回目
は金曜日、、

a0199297_20024050.jpg

a0199297_20031451.jpg

まずは
小学生たち

そして、、

a0199297_22140104.jpg

a0199297_22141749.jpg

中学生
です。


子どもたちに「ヨシさんも描けよ〜
描けよ描けよ〜」と言われたので
僕も鏡とにらめっこしたのだ
けれど、、

a0199297_20384882.jpg
あまりにも(想像以上に)オッサンの顔をしていたので
ガッカリしました。(笑)(笑)(笑)

教育委員会に届いたのとは別な嫌がらせの手紙(現物)
を、手紙が届いてしまった生徒さんから
受け取って来たのですが、
その手紙には僕が子猫を抱いて笑っている写真がたくさん添えられていて
ブログの内容を無視されて写真だけを見た人は
間違いなく僕を「おかしな男だ」と思うのだろうな
と自分の写真をまじまじと見ながら思いました
が、しかし!
「オッサンが子猫抱いて満面の笑みを浮かべて何が悪い!」
と言いたいのでした。




さあ
あしたは土曜日
です





by yoshikazusuzuky | 2017-12-09 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
木曜日、
可燃ゴミの日の集積場
です。


白猫のノラさんに瓜二つ
、、

a0199297_17180630.jpg

コノラさん
です。


a0199297_17195032.jpg

お母さんもいます


a0199297_17210278.jpg

この子はサバ?
じゃないね
キジのキジトラ
ですね


ピントが合いませんでした
が、、

a0199297_17254318.jpg

美人さんのこの子
もいました


何か美味しいモノは見つかったのだろうか?






白のプリウス君
は引退しました
。(いやいやまさかと思っていたけど
ほんとうに涙が出ました)

a0199297_17295925.jpg

a0199297_17301835.jpg
「ありがとう」

「おつかれさまでした」

(感謝)



そして、、

青のプリウス君
がやって来ました

a0199297_17332281.jpg

a0199297_17335742.jpg
青のプリウス君はすでに
84000kmを走っていて
コレからは僕がその距離数を伸ばします。


a0199297_18594260.jpg


青空を映すと車体の青色が際立つ
青のプリウス君は
今日から僕の新しい相棒となりました


「どうぞよろしくおねがいします」



(微笑)








週を重ねる毎に
風邪引きさんでお休みする子の数が増えて来る
12月ですので
、、
a0199297_17445198.jpg
今週は
「自画像週間」(毎年恒例12月は八つ切り画用紙に鉛筆で自画像を描き
将来の夢を書き込みます)
、、

a0199297_19100551.jpg


『2017年の自画像』
なリベラです




今週は(も?)
面白い作品でいっぱいになるぞお〜

!!



(^0^)/




by yoshikazusuzuky | 2017-12-08 00:07 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
きょうの一区切りを着けて
カメちゃんは自分の絵を見つめていました。

a0199297_19205250.jpg
上手くいったコト
上手く行かなかったコト
カメちゃんはどんなふうに情報を受け取るのだろう?

a0199297_19212098.jpg

地面に「石畳」が敷き詰められて
絵は大きく雰囲気を変えました。

鹿の絵を描いていた頃からかな?
絵を描きながらカメちゃんの口から
今まであまり耳にしなかった言葉
を聞くようになりました。

「描きながら思いついたんだよ」

カメちゃんの頭の中の完成図がその時々の状況により
その姿を変えてゆく?(当たり前のコトの様で
今までのカメちゃんからは想像出来なかった
その時々の思いつき
で絵を変化させてゆくカメちゃん)

カメちゃんが能力として備えていた
「創造力(想像力?)」が、
次の段階へと発展しつつあるように、
絵を眺めるカメちゃんの後ろ姿から
感じました。 (微笑)


「きょうは音楽を変えたいな」

カメちゃんリクエストのBGMは
MIA DOI TODD のアルバム
『THE GOLDEN STATE 』
でした。




コットマンサークル終了時間が近づいた頃から
雨が降り始めました。

a0199297_19215870.jpg

a0199297_19222303.jpg

a0199297_19224248.jpg
めちゃめちゃ楽しそうに絵を描くコットマンサークルの面々

(^〜^)



コットマンサークルのBGMには
Enya のアルバム
『THE MEMOLY OF TREES 』
を流してみました。







そして『いつかの未来に』(先週から中学生高校生にも
未来テーマの絵を描いてもらっています)
を描くカズイ君には
、、
a0199297_19241891.jpg


『天空の城ラピュタ 〜飛行石の謎〜』
のサウンドトラックを選んでみたのだけれど
、、

「ヨシさんが聴きたいだけじゃないの?」

「はい
その通りです
」 (わらわら)


どんな音楽が流れていても
カズイ君は電車の話(でも今日はラピュタ音楽効果で
「近未来世界の電車」
に思いを巡らせながら)
をするのでした

(^〜^)





日常

変わらない毎日の中で
変わってゆく
と言うコト

でも変わらない毎日が
ココにある
と言うコト






(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-12-05 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)

いつも教室へのご理解とご協力をいただき心から感謝しております。

今回のお手紙は生徒のみなさんへのお詫びとお願いになります。


気持ちのよい話しではないのですが、一週間前(11月24日)より

公衆電話から男性の声で僕を誹謗中傷し脅迫する電話が

かかって来るようになりました。

三度目の電話で脅迫の内容が行き着く所まで行ってしまったのと、

電話がかかって来た時刻が子どもたちの教室時間帯であったコトを不安に思い、

警察に相談をしました。

その辺の経緯は僕のブログを読んでご存知の方もあるかと思いますが、

もしお時間あれば内容に目を通して下さい。


『スズキヨシカズ幻燈画室』 http://suzuky.exblog.jp/238028907/


そして一週間後の今日(12月1日)、

ある生徒さんの親御さんより、その子が暮らす町の教育委員会宛に

匿名で手紙が届いたとの連絡をいただきました。

その町に出向き教育長さんに事情を話し、

「関係者各位」「白河市民より」と題された、その手紙を見せていただきました。

そこには、僕が発信しているブログの内容と、

そこでの個人情報の取り扱いについて「スズキヨシカズを処罰してほしい」というコトが、

様々な言葉と表現を使い、A4用紙2枚にワープロ印字されており、

3枚目には「変態男が女の子と、、」と説明書きされて、

ご連絡をくれた親御さんのお子さんと僕のツーショット写真が添付されていました。

「この子の縁者ではないが自分の子もこの絵画教室に通っているので心配である」

とも書き添えられていました。


今までのブログを読んで下さった方ならわかると思いますが、

内容と文章、子どもたちの写真にも出来る限り気をつかい、

正面からのアップの写真などは極力載せないようにしながらブログを更新して来ました。

掲載する名前もカタカナや愛称を使用して来ましたが、


完全に僕の子どもたちに対する慣れと不注意とが招いた事態でした。


(この手紙についても警察署に出向き報告をすませています)


書面でのお詫びでは失礼になってしまいますが、

もし今までに書いた僕のブログの文章や掲載した写真によって

不愉快な思いをされた生徒さん、そしてそのご家族の方がおられましたら、

深く心からお詫びいたします。


尚、ブログ内の写真を削除してほしい旨のご希望がありましたら、

即刻削除させていただきますのでご連絡いただけませんでしょうか。


今回の手紙が、ドコに、どのくらい、発送されたのか知る術もありません。

「殺す」と脅される程の恨みを買うような内容のブログを

今まで書いたコトがあったのかどうか、、無責任な話しですが

自分では判断仕様もありません。


もし何か皆さんの耳に入ったり、

お気づきの点があれば、

ご面倒ですがご一報いただけると有り難いです。


僕の気づかいの無さから、

生徒さんと保護者の皆さんに不安な思いとご迷惑をおかけする結果になってしまったコトを

お詫びいたします。




、、という内容のお手紙の配布を

今日から教室内で始めました。

この一週間に起こった出来事は全て繋がっていたようです。

何かが起こり、警察からの要請が無ければ教育委員会に届いた手紙は外には出せない

とのコトで、その場で読ませていただきました。

完全に僕の不注意と気遣いの無さが招いてしまった結果なのだと思います。

あまりにも子どもたちとの距離が近すぎて判断力が鈍っているのかもしれません。

ただ、その誰かが手紙の中で主張しているのが

子どもたちをスズキヨシカズから守るコトであるならば

手紙に子どもの写真を添付してバラまくような真似はしないでほしい。

ブログから写真は削除しました。

迷惑をかけてしまいましたゴメンナサイ。

そして、この手紙を読んで

全てが繋がりました。

恨まれるってこういうコトなのですね。

とにかく攻撃対象が僕ならば、

もうこれ以上、子どもたちを巻き込まないでほしいです。

そして「誰か」とか「手紙」とか「公衆電話」とか

「教育委員会」など経由させずに、

ココまで恨まれているコトを僕は理解しましたので、

教室や子どもたちや一般の生徒さんを巻き込まず、

真っすぐ僕だけに矛先を向けて下さい。

生徒さんや子どもたちの保護者の方から批難されるならば受けましょう。

でも「あなた」の責め方は間違っています。

いままでに僕からもらったモノは錆び付いたガラクタばかりでしたか?

少しでもキラリと輝くモノはありませんでしたか?


とても残念です


きょうの教室では1回もカメラのシャッターを切ることができませんでした。

いつものように僕にまとわりつく男の子も女の子も

小学生も中学生も、

外から誰かに見られるコトなんて今まで意識するコトなく

教室をやっていたけど、

昨日も今日も真っ暗なガラス戸の向こう側が気になって仕方ありませんでした。


「変態男、、かあ」


「恨まれているんだなあ」






あすは土曜日です。


教室は子どもたちがいっぱいです。




(微笑)




           


by yoshikazusuzuky | 2017-12-02 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
自宅から教室までは
国道298号線を西に向かって真っすぐ進む。
その正面には那須(なす)と甲子(かし)の山々が連なっていて
その向こう側は会津です。
その山々を越えて流れ出すかのように
雪雲が溢れている光景を見ました。
日中よりも気温が下がっています。
雨が霙に、、
そして雪へと変わってゆくように思います。


きょうのブログタイトルの『暗闇に潜む者』は重たいでしょう?
「何かあったのか」と思われそうですがそんなコトはなくて、
昨夜目撃して驚いた光景のお話しです。

昨夜、、と言っても7時くらいのコトですが
帰宅するのに「南湖(南湖公園)」の周囲を
ぐるりと巡っている道路を通りました。
『南湖公園』は白河藩主の松平定信公が1801年に建造した人造湖公園で、
日本最古の人造公園だと言われています。(国の名勝史跡にも指定されています)
始めは気づかなかったのですが、
湖面より漂う仄かな微光しかない真っ暗闇な湖畔と
その周辺の松林の中に、人影を目にとめたのです。
「ん?」と思って自動車のスピードを落として暗闇に目をこらすと
ソコにもココにもアソコにも。
ひとり目に付くと次々と目視確認出来てきて、
気づけば自動車の周りを取り囲まれるかの様に暗闇の中に
おびただしい数の人間たちが(人間の群れが)
蠢いていたのでした。

「ビックリ(ドキリと)しました!」

黒魔術の儀式でも執り行われていて
捕まったら生け贄にされてしまうのではないかと思いましたよ。(ははは)f^^:

その集団はどうやら『ポケモンGO』とか言うゲームなのか何なのか知らないけれど
その集団らしかったのでした。
しかし、ビックリですね。
暗闇の中で顔だけを青白くブルーライトに照らし出された人間たち
と言うのは、かなり不気味な光景でした。

まあどんな趣味の世界でも同じコトが言えると思うけれども
「興味の無い者は語る資格を持たない世界なのだなあ」
と思いました。

何か見てはいけないモノたちを見てしまったのではなくて
生者の集団だったので
よかったよかったと胸をなで下ろしたのですが
異様な光景には違いなかったの
です。 f^^:






きょうは何事も無く一日が終わった感じです。

でも
、、
a0199297_21460215.jpg
ガラス戸の向こう側の暗がりに気を向け(気を張り)ながら
いつも通りではあるけれども緊張しながら子どもたちをみていました


『いつかの未来に』

a0199297_21470052.jpg
ハル坊の下絵は完成
かな?

(^〜^)


a0199297_21472262.jpg

a0199297_21473883.jpg

a0199297_21475326.jpg


不思議な生き物たちがいっぱいです。 (うふふ)




ヨシキちゃんのは、、
a0199297_21482132.jpg
描き上がりまでもう少しかな?



a0199297_21484165.jpg

a0199297_21493287.jpg

a0199297_21503793.jpg



(^〜^)




あした目が覚めたら
白く雪化粧した風景だったりするのかなあ?
天気予報では氷点下まで気温は下がらないみたいだけれどね。









by yoshikazusuzuky | 2017-12-01 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
教室では
エアコンで暖房する毎日
ですので
、、

a0199297_16541525.jpg
加湿器を可動させるの
ですが、
決まって「こう」なります

a0199297_17062564.jpg
「こう」

どういう状況か?
と言うと、
調節つまみを最大にして
「ぶおおおおおおお」
と盛大に霧を吹き出させ、
「うひゃひゃひゃひゃ」
と子どもたちが笑うの
でした

「火」を見てヒトが本能的な高揚感を覚えるように
「霧」もヒトの脳に働きかける
何かしらの要素
を持っているのかなあ?
とか無意味なコトを毎年考えるですが、
単純に「つまみ」が付いているから回してみたいだけなのでしょうから
飽きて「つまみ」に興味を示さなくなるまで放っておく
しかないのです。(ははははは)


冬の始まりの風物詩
のようなモノですね

。 f^^:






11月教室
「最終回の土曜日」
でした。


a0199297_17304338.jpg

a0199297_17310091.jpg

a0199297_17313288.jpg


a0199297_18070054.jpg


『いつかの未来に』
四つ切り画用紙での下絵描き
が続いています。

a0199297_17343290.jpg

a0199297_17351043.jpg

a0199297_18072904.jpg


きょうは小学3年生の男の子
Y君が体験で
午後の教室に参加してくれました

a0199297_17365406.jpg

『混沌』

、、と表現するコトが間違いではない
土曜日午後のクラスにあって
彼は
、、
a0199297_18081855.jpg


なんとも素晴らしい下描き
を残してゆきました

12月から
彼もリベラっ子になるようです。
「なるようです」と言うのも
彼が帰宅して冷静に考えて心変わりするかもしれないので
、、と言うのも教室最後の15分間は
シュレッダー鋏で切り刻んだコピー用紙による
「紙吹雪合戦」
で盛り上がってしまったのでね。 (てへへ) f^^:

でも、
とても素敵で
想像力あふれる絵を描く
Y君(リベラっ子決定までは「Y君」で)
との出逢いでした。 (^〜^)



夜の
中学生高校生教室
終了し、、

a0199297_19271494.jpg

a0199297_19273134.jpg

11月教室
最終回の土曜日
を仕舞いとしました







たくさんの素敵な作家さんたちと
展示をご一緒させていただいている
『風花画廊 collection 』
明日が最終日です

a0199297_19201873.jpeg


『風花画廊 collection 』

2017年11月17日(金)〜11月26日(日)
午前11時より午後6時まで
(会期中無休)

『風花画廊 』
福島県福島市荒井字横塚3−252
電話:024−593−0450


僕は昼頃から終了時刻まで
在廊させていただきます


どうぞよろしくお願いいたします。



(微笑)







追伸:

昨日の話しだけどフウちゃんが
下描きをしながら
つぶやいた一言

「未来なんてさあ、、」

フウちゃん(小4)が
言いました。

「未来なんてさあ
いまがずっと続いてゆく未来でいいじゃん」

a0199297_17542654.jpg
(学校かな幼稚園かな?)


a0199297_17550919.jpg
(洗濯物をほしているのだね?)


a0199297_17554534.jpg
(どんな生き物を飼っているのだ?)


男の子が飼っている「謎の生き物」が何なのかはさておいて

、、 f^^:


a0199297_17593872.jpg

「いまがずっと続いてゆく未来でいいじゃん」


フウちゃんの言う通り
だとヨシさんも
思います



(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2017-11-26 00:20 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
棚倉教室から始まった
きょうの金曜日。

「絵を描く」
と言うコトに対する僕の考え方や
指導方法を巡って、ある生徒さんとの議論と考え方の行き違いがあり
かなり気持ちが揺れ動いていた今朝の棚倉教室だったのですが
それで仕舞いにはならず、
教室終了間際の午前11時43分に携帯電話が鳴りました。

着信表示は
「公衆電話」
でした。

出るのを一瞬躊躇したのですが応答してみると、
いきなりの荒ぶる口調で
「よしかずか!?よしかずか!?」
と連呼する声。
「そうですが」
と応えるとその声はますます荒々しさを増し
、、

「ふざけてんじゃねーぞこら!!」
「ちょーしにのってなにしゃしん(写真)とってんだ!?」
(あるいは「のせてんだ!?」と言ったかもしれない)
「たいしたきしてんじゃねーぞ!!」
「おぼえてろよこのやろー!!」

その間
8秒。

コチラからは何の質問をするも
言葉を挟む隙すらも与えず
一方的にまくしたてられ
電話を切られてしまったのでした。

「う〜む?」
声の感じから僕と同年代(50代)かもう少し上の男性で、
聞き覚えがある声のようでもあり
初めて聞く声のようでもあり。

とにかく茫然としてしまった8秒間
でした。

いろいろ思い当たる写真はないかと考えたのですが
ヒトから「おぼえてろよ!」と凄まれるような何かが写っている写真は
何も思い浮かばないのです。
ただ、僕に否があるにしても無いにしても
同じような電話が頻繁にかかって来るようになったら
僕は第一に僕の預かっている子どもたちのコトを考えて行動を起こしますよ。
公衆電話ではなくて素性を明かしてお電話いただけたらありがたいです。
お話しを聞かせて下さい。ブログに関連した写真なのかどうかもわかりませんが
コレを読んでいるのなら、僕の写真の何がどうご迷惑になったのか
お知らせ下さい。
よろしくお願いします。




気持ち低迷する午前中でしたが
気持ちを奮い立たせ、
午後の教室始まる前に再度マイタウン白河を訪問し
前回見逃した(やはり地階に展示されていた)
『西白河郡市小中学校造形作品展』
の中学生部門の入選作品を観て来ました。

中学生のリベラっ子たちの
素敵な作品たちをご紹介させて下さいね。 *^〜^)(^〜^*



a0199297_17173193.jpg
『生きるためにアルマジロ』
〜しぐさで語る動物たち〜
サイトウリュウノスケ
(中2)


a0199297_17191807.jpg
『石垣』
ムロヒマリ
(中2)


a0199297_17195251.jpg
『宇宙の月と魚』
ヤマダアオイ
(中2)


a0199297_17210006.jpg
『私たちの町の駅』
オオノナナセ
(中3)


a0199297_17214973.jpg
『青空の中の市立図書館』
アオキアンナ
(中2)


a0199297_17220963.jpg
『私たちの場所』
アカギカレン
(中1)


a0199297_17240859.jpg
『毎日通る場所』
スズキムツミ
(中1)


a0199297_17245630.jpg
『私道』
オガタハルナ
(中3)


a0199297_17254552.jpg
『オアシス』
〜マグカップ〜
ハンザワルナ
(中3)


a0199297_17265210.jpg
『青い夏』
コンドウトマ
(中3)





@




a0199297_19581925.jpg

なんだか中途半端に元気を絞り出しながら
の午後からの教室でした。


a0199297_19585095.jpg

a0199297_19590761.jpg

a0199297_19592471.jpg




明日は土曜日です。

a0199297_19593997.jpg
気がかりなコトはたくさんあるけど
体験で来てくれる子もあるので
元気に頑張らねば! /(^0^)





たくさんの素敵な作家さんたちと展示させていただいている
風花画廊(福島県福島市)
絵の展覧会々期も、
今週末を残すのみとなりました。


a0199297_19201873.jpeg


『風花画廊 collection 』

2017年11月17日(金)〜11月26日(日)
午前11時より午後6時まで
(会期中無休)

『風花画廊 』
福島県福島市荒井字横塚3−252
電話:024−593−0450


僕は最終日26日の日曜日
昼頃から終了時刻まで
在廊させていただくコトを考えています。


どうぞよろしくお願いいたします。



(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-11-25 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)