ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:猫( 75 )

お久しぶり〜
白猫のノラさ〜ん

a0199297_23241273.jpg
「にゃ〜ん」




コチラは
おなじみ〜
黒猫のパトさ〜ん

a0199297_23251553.jpg

「ニャ〜ん」



、、というワケで
パーセンテージとか出て来て
分数の計算とかも連なったりしていると
頭痛を通り越して
発狂しそうになるのですよ!


明日は確定申告書
提出して来るぞ〜(たぶん)



「数字が追いかけて来る〜」




a0199297_23273614.jpg

「ニャあ〜ん?」



(化け猫か?)



( 0 :)








by yoshikazusuzuky | 2018-02-21 00:04 | | Comments(0)
夕方からまた吹雪いて
(かなり激しく吹雪いて)来てるんですけど

昨日からの雪かきは今日の昼過ぎまでで
やっとこさ完了させたと言うのに、
今晩雪の予報なんて出てましたか?

そうですかそうですか
まあイイでしょう地球がするコトです。

ヒトにはどうにも出来ません。


@ (凍り始めた路面の雪の上にサラサラ舞ったの雪がのっかっているので
とてもスリリングな帰り道でした)




先ずは、
自宅を出て来るための
雪かきから。(けっきょくトータルでどのくらい積もったの
でしょう?)


定位置には
、、
a0199297_16592776.jpg
白猫のノラ
がいますね
ドコにいるでしょう?

。 (どこだかしょ?)



そのノラの前を堂々と
(どうどうどうと)横切った足跡は
誰でしょう?

(だれだかしょ?)

a0199297_17121317.jpg
ヒントは、、

「え”? マジっスか?」

みたいな顔してましたよノラさんは
。 f^^:



足跡の主は我が愛猫
なんと
黒猫のパトさんでした
a0199297_17162529.jpg
ノラさんの存在を気にも止めずに堂々と目の前を
気合い入って肩そびやかし
「どうどうどうどう」
と横切ってゆきました

。(おお〜
パトさんスゲー!) 



「お〜いパトさんよ〜
むしすんなよなあ〜」
a0199297_17200641.jpg
、、とか
言ってますね
ノラさんが。 (微笑)





a0199297_17211612.jpg

a0199297_17213115.jpg


温室は
、、
a0199297_17214709.jpg
雪に埋もれている姿が
何だか温かそうだったので
手を付けませんでした






全く手つかずだった
教室は
、、
a0199297_17253173.jpg
もちろん温室のように埋もれていましたので
先ずは夜の生徒さんの自動車と
プリウス君を停めるスペースの確保から
です


a0199297_17255425.jpg

a0199297_17263216.jpg

4年前、
2014年の79cm(気象庁公式発表は76cm)
積もった時の雪かきに比べればずいぶんと楽なの
だろうけど、
「雪かきは雪かき」
なのでやっぱり
くたびれます

。 





夜の教室は雪かき疲れで1名、
雪道の移動手段が確保できずに1名、
学校早退体調不良で1名の計3名がお休みで、
ムッちゃんと二人での教室でした

。 (写真を撮る間もなく仕事に集中した2時間半でした)






、、で
きょうのブログタイトルの『ミルク』とドコでリンクするのかと言えば、、

僕の高校柔道部時代のあだ名が「ミルク」だったのでした。なぜ「ミルク」と呼ばれていたかと言えば、練習などで汗をかくと何故だか僕からミルクの匂いがしたからなのでした。汗まみれ柔道着の巨漢男からミルクの匂いがしてきたら相手は戦意喪失しそうじゃね?というお話しなのでした。そして、きょう雪かきで汗まみれになった雨合羽やトレーナーなのどの衣類をハンガーにかけてエアコンからの熱風で乾かしていたら久しぶりに「ふわり〜ん」とミルクの匂いが漂って来たので、さすがに51歳のおじさんからたとえ一瞬でもミルクの匂いがすると言うのはマズいのではないのだろうか?と思い、一人で苦笑いしていたのでした、、と言うお話しでした。 (ははは) f^^:

教育委員会宛の嫌がらせの手紙に
「くだらない内容のブログは即刻取り締まるべきである」
と書いてあったけど
たしかにくだらない内容でありますなあ〜 (わっははははは) ( 0 )











by yoshikazusuzuky | 2018-01-24 00:02 | | Comments(0)
うう〜そんなふうに
うつむきかげんに佇まれる
と、、
a0199297_18372358.jpg
僕もおもわずうつむいて
目をぎゅっとして立ち尽くして仕舞う
なあ。(でも「ぎゅ」とはしてあげられない) ><


温室で夜明かし
したらしい
白猫のノラさん
は、、
a0199297_18402973.jpg

律儀に僕に
挨拶をして
、、
a0199297_18413664.jpg
三軒先のお宅へと、
その姿を隠しました


そんなに痩せたりしていないから
何処かで誰かから
何か食べ物をもらえているのかもしれないな?


「勝手にかまって
勝手に放り出して
ごめんなさい」
と、ノラに対して
ずっとこう思ってゆくのだろう








月曜日の午前中は
カメちゃんの教室
でした

a0199297_18492318.jpg
空は鉛色で
気温がぐんぐん下がってゆくのを目視出来ます。
(視覚的に気温の低下を感じられるというのは
かなり急激な変化です)


13時30分
、、
a0199297_18502135.jpg
コットマンサークルの教室
を始めた頃には、
a0199297_18515678.jpg
天気予報通りに
雪が降り始めました

ものの10分
も経たない内に
、、
a0199297_18533239.jpg
外はどんどん白く塗り替えられてゆきました

この写真を撮った直後、山高帽的シルエットの帽子をかぶったおじいちゃんが運転する白いセダンが教室の前を通過しました。車は、両脇の窓が完全に雪に覆われていました。「あぶないなあ」と思った次の瞬間、向かいのお宅のブロック塀に「ガラガラガラガラ」と大きな音を発てておじいちゃんのセダンは左脇腹を擦り付けて、「止るのかな?」と思った止らず走り続け、そのまま大きな道路へと出て走り去って行きました。ぶつかったコトに気づいていなかったのだろうか?「いやいやいやまさかね」おじいちゃんは無事に家まで帰り着けただろうか? ><

コットマンサークルは予定よりも30分早く教室を終了、
夜のカズイ君は
教室に来られませんでした。



早めに店じまいして自宅に戻り
自宅と自宅から県道までの道を
駆けつけ2往復
雪かきしました。(まだ10cm足らずの積雪だった)



21時
、、
a0199297_00252782.jpg
何センチメートル積もったのだろう?
積算すれば30cm以上は積もっている気がする


運動不足の体には
手応えのある雪かきで
1時間半かかりました

そしてその後ファンヒーターの前で
1時間半、、
a0199297_00264590.jpg
疲れて眠ってしまって
いました

。(白猫のノラが温室で
パトの毛布で眠っているのが見えましたが
今夜は何も見なかったふり
をしました)




次は
明日の朝ですから
もうお風呂に入って温まり、
眠るコトにします。 (外を覗いたらまたさっきと同じくらい積もっていた)

手つかずで待っている
教室の雪かき
もあるからね






by yoshikazusuzuky | 2018-01-23 00:34 | | Comments(0)
by yoshikazusuzuky | 2017-11-13 00:00 | | Comments(0)
お願い

七匹の野良猫が
生ゴミを、荒らして
大変困っています
アミは、出来るだけ
確実にお願いします。


月曜日と木曜日は
「可燃ゴミ」。
火曜日は
「資源ゴミ」。

今日は「資源ゴミ」の日なのに
白猫のノラ家は、
ゴミ集積場のネットの中にもぐり込み(ノラは入らない)
ゴミ袋を破損させてはその隙間から
「イロイロなモノ」
を引っぱり出して
、、
a0199297_21480849.jpg
「なにかないかニャ?」
「なにかないかニャ?」
と物色を続けていたの
です。

資源ゴミの日でもこんな状況なんだから
可燃ゴミの日の惨状は
ご想像通り
です。

集積場裏のお宅のおじちゃんが、
いつもその後片付けをしてくれています。(ありがとうございます
としかいいようがないけど
いつもありがとうございます)

ノラの子どもたちが成長するにつれて
ゴミ集積場の有様もまた
ヒドいコトになり、、
a0199297_21484508.jpg
とても冷静な文面ではあるけれども
かなり怒りに満ちた内容の立て看板が置かれるコトトなったのでした。

「七匹の野良猫」

白猫ノラ、
ノラのパートナー、
その子が3匹、
時々姿を見せるツートン
とトラ猫、、の7匹に黒猫パトは含まれていないと思うのですが
何だか不安。

マズいですね。

ノラのパートナーと3匹の子猫と
(たぶん)ノラにもご飯をあげている集積場斜後ろの若夫婦も
マズいコトになるかもしれないし、

もし「保健所」が介入するコトになったら
、、かなりマズいコトになりますね。(黒猫パトだって何かの拍子に
マズいコトに巻き込まれるやもしれない)

猫に言ってきかせるワケにも
いかないもんね。

困ったなあ。

(困りましたね)






家族だけで(とは言っても子どもたちは帰省は出来ないのです)
明日は父の三回忌の法要です。
父が亡くなって二年になります。

10月の31日
でした。

もっと早くに準備をしなければならなかったのに
忙しさを言い訳に
いまごろぎりぎりになってしまいました。

きょうは夕方薄暮の頃に
台風でたいへんなコトになっていたお墓を掃除して
お花を献げて来ました。

白河花子さん
が、、
a0199297_21515296.jpg
素敵なお花を
用意してくれました。(ありがとうございます)


白河花子さん
の花の合わせ方(逢わせ方)
は素敵です


まるで
花咲く広い
広い広い野の原っぱの真ん中に佇んでいる
自分の魂に出逢ったような
、、
a0199297_21523567.jpg
そんな気持ちになります


「静かな気持ちになります」


明日は父に
手を合わせ
あらためて感謝をする日
です




(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2017-10-25 00:03 | | Comments(0)
どんなに暴風吹き荒れて
雨が激しく音を発てても
黒猫のパトは外出せずにはいられないので
仕方なく勝手口の戸をあけたのでしたが
やはり心配なので雨宿りしていそうな縁の下を覗いてみたら
、、
a0199297_20434773.jpg
「みあ〜う」

アレレのレ?
「黒」じゃなくて「白」です

縁の下で
雨宿りをしていたのは
、、
a0199297_20450911.jpg
白猫のノラ
でした
。 f^^:


パトよ〜パトパトよ〜
、、と
探して歩けばパトさんは
、、
a0199297_20474422.jpg
お隣さんの車庫の軒下間借りして
雨を宿しておりました


びしょ濡れ黒猫
無事確保。

a0199297_20504820.jpg
体を拭いて乾かして、
ストーブの前の座布団にまるくなり
一息つくのかと思ったら、
また暴風雨の中へと飛び出してしまったパトだったのでした。

どうしたって外が良いのですから
ずぶ濡れなるも仕方なし
、、仕方なし。 f^^:



『第63回 白河市総合美術展』

本日最終日を迎え、
無事に仕舞いと
なりました


出品者の皆さんはもちろんのコト、
裏方として展覧会を支えて下さる
白河市文化振興課職員の方々と
各部門実行委員の方々とに
感謝ですね。

a0199297_20570079.jpg
皆さん
お疲れさまでした


(微笑)



早々に月曜日休校の連絡が回っている小学校もあるようです。

台風第21号 (ラン)、
風は強く雨は激しく降りしきっています。

明日の朝は
どうなるのかな。

各地に被害出るコトに心配は尽きませんが
カメちゃん教室への影響も
心配でならない僕です。





by yoshikazusuzuky | 2017-10-23 00:00 | | Comments(0)

この頃

薄く茶色の縞々が目立ってきた

白猫のノラさんが

黒猫のパトさんを擁護する僕を

丸め込もうとするかのような優しい声で鳴きます。



a0199297_01055754.jpg
「みあ〜う」



、、
a0199297_01070527.jpg
「にゃにゃにゃボクはトラ猫になってしまうニャン」


ちょっとしゅんとしてみせながら
泣き落とし作戦に出た
白猫のノラさん
でした

(わらわら)




神さまが連れて来てくれた
5匹の猫の5枚の絵が
出来上がりました。


a0199297_01102012.jpg

a0199297_01103497.jpg

a0199297_01104860.jpg

a0199297_01110601.jpg

a0199297_01112184.jpg


午前1時15分、
5匹の猫たちは我が愛車プリウス君の後部座席に
おさまりまして
、、
a0199297_01132140.jpg

準備も万端に整いましたので
今夜はココまで。

明日は福島市の『風花画廊』へと
搬入に行ってまいります。




a0199297_21402482.jpeg

『猫をめぐる物語』
2017年10月6日(金)〜10月15日(日)
「風花画廊」(福島県福島市)



展覧会は、
6日(金)から
始まります



素敵な作家さんたちが集まって(なんとなく
場違いな僕?)f^^:
素敵な猫の森集会が開かれるようです。



お楽しみに。(僕も楽しみ)



(^〜^)






by yoshikazusuzuky | 2017-10-04 01:18 | | Comments(0)
午前6時まで絵を描いて
朝日と一緒に帰宅して、
風呂を沸かしてヒゲを剃って
用事に出かけて帰宅したのが
午前10時でした。

a0199297_01035054.jpg

パトにちょっかいを出されながらの
浅い眠りだったので(浅い眠りだったら数時間で目覚めてしまいそう
ですが、、)目が覚めたら午後4時でした。


a0199297_01104907.jpg

綺麗な夕焼け空と一緒に教室に戻り
今まで絵を描いておりました。


でも明日はカメちゃんの教室なので
午前1時10分、
今日は(今日の境目がわからないけど)
コレまで。





by yoshikazusuzuky | 2017-09-11 01:13 | | Comments(0)
なぜだかいつも
道路にいる
白黒猫のツートン
です



a0199297_01334810.jpg

a0199297_01330713.jpg








by yoshikazusuzuky | 2017-08-29 01:35 | | Comments(0)
僕の
自宅周辺
猫事情の図



家族と呼べるのか否かは
定かでないですが
白猫のノラさん
の、、

a0199297_16525101.jpg
『家族の図』

左端から奥さん(なのか彼女なのか?)、
子ども①(ノラ似)、子ども②(顔みえない)、
子ども③(美人さん)



家族がくつろいでいる
その頃に
白猫のノラさん
は、、

a0199297_17000952.jpg
『路上ふぁいとの図』

初登場、
白黒猫のツートンさん
にケンカを売っています
。(なかなか鋭く切れのある目つきの
路上で鍛えた感のある
白黒着けましょ白黒猫のツートンさんは
ケンカ買う気満々でした)



二匹のケンカが始まるのか?
激しく始まるのではないか! 、、と
場の状況が緊迫して来たその頃
わが家の猫さん
黒猫のパトさん
は、、

a0199297_17192704.jpg
『不機嫌の図』

砂利の上で
ゴロゴロ
ゴロリと転がりながら
「なぁ〜ニャあ〜」
とか
言っていました



まあ
ある意味
平和な

猫たち
朝の情景
でした (まる)






『わーくわく!キッズ☆カルチャースクール』
「ヒカリノウロコを作ろう」展覧会が終了しました


a0199297_17222270.jpg

a0199297_17223750.jpg
タイトルまわりのカラフルな
ヒカリノウロコがめっちゃふえてたのは
ナンでだろう?

f^^:

a0199297_17254975.jpg


最終日の様子を見に
白河市立図書館によった時にも
何組もの親子が
ヒカリノイキモノたちを
見上げて何やら語りあい
楽し気に微笑みながら
ヒカリノトンネルを通り抜けていましたよ
。 (^〜^)



ヒカリノウロコ作りに参加してくれた子どもたち、
子どもたちをサポートしてくれた保護者のみなさん、
白河市市長室 文化振興課文化係
塚野さん、吉田さん、
たくさんの数が必要だった制作道具を貸し出してくれた
『りょうぜんこどもの村遊びと学びのミュージアム』
スタッフのみなさん、
そしてヒカリノトンネルをくぐってくれた
みんなみんなと皆々さま方に
、、
a0199297_17411355.jpg
もう一度特別な感謝の気持ちで
「ありがとう」
を贈らせて下さい


「みんなみんなありがとう!」



(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-08-24 00:01 | | Comments(0)