ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:非日常( 88 )

a0199297_21395700.jpg
おりょ?



a0199297_21402236.jpg
うにょ?



a0199297_21403776.jpg
きょうはパトさんのすがたをみてないにゃ?



そとは大風(おおかぜ)
吹いてます。
夜の教室おわって夜中まで
絵を描いていたいけど、
黒猫のパトさんの姿が見えないし
、家に何ごとあっても
コワいので、、
こんやはこれにて
帰宅します。


あすの早朝
戻って来て絵を描きま
せう。





by yoshikazusuzuky | 2018-09-05 00:00 | 非日常 | Comments(0)
夢の中の話しなので
歌唱時間がどれくらいだったのか?
それは定かではないのですが
、吉田拓郎さんがギター一本抱えて現われて
夢時間で延々と
「人間なんてララ〜ラララララ〜ラ〜」
と伝説の名曲『人間なんて』を歌ってくれたの
です。 ですが、夢の中とは言え
あのフレーズを延々聴いていると
「鬱憤」→「発熱」→「発散」→「爽快」と順繰り巡って
「スッキリ!」したのが
もう一度「ストレス」に戻ってゆきそうだぞ、、と僕が考えたからなのか?
拓郎さんが歌うのに飽きたのか?それはわかりませんが、
唐突に歌が終わって拓郎さんが振り向きも手を降りもしないで舞台袖に引き上げて行きました。
行ったと思ったら入れ替わりに
、甲斐さん(甲斐よしひろさん)がクリップボードと指し棒を持って現われました。
そしてこれまた唐突に、
「木星の核というモノは氷と岩石の集合体であって、、」
と『木星の核(コア)』についての講義が始まったのでした。
「良い声だよなやっぱり甲斐さんの声は」
と思った時に甲斐さんが手にしている指し棒に目がとまりました。
「あ!甲斐さんは僕と同じの(プラ成形のヘッド部分がクリアレッドのレアもの)使ってんだ」
「僕のは壊れちゃったんだよなあ」
、、と思ったところで
目が覚めました

「全くもって意味なしの夢ッ!」 (はははー) ( 0 )






祝日ですが
月曜日
、、
a0199297_21585839.jpg
カメちゃんの教室
でした


カメちゃんが下地の上に
白い絵の具を混色なして
塗り重ねるのを、、
a0199297_21594448.jpg
始めて見た
気がします。


カメちゃんの中での水族館
にまつわる世界観
が、、

a0199297_22001660.jpg
着実に表現されて
ゆきます


きょうは
カメちゃんの話題
が、もうひとつ
あります。


a0199297_22022781.jpg
カメちゃん手描きで絵付けがされた
半ズボンです。


a0199297_22024451.jpg
どうです?


a0199297_22031404.jpg
何とも言えずカメちゃんワールド
ステキですよね!


「ね?」



(^〜^)






きょうは午後からのコットマンサークル教室がお休みだったので
カメちゃん教室が仕舞いになってから
、会津若松市「アートギャラリー三遊」さんへ
『齋藤ナオ』ちゃんの個展を観に
行って来ました。

新旧作品が紡ぎ出す
齋藤ナオの世界が広がっていました。
僕が訪れたとき、
一枚の作品の前から離れるコトができず
ただただ、立ち尽くしているお客さまがありました。
「そのまま絵の中に取り込まれ
登場人物となって仕舞うのではないだろうか?」
そう心配になるほど
、そのお客さまの目は
齋藤ナオ作品そのままの色に染められていました。

第101回アートギャラリー三遊企画展
『第2回 齋藤ナオ 展 ー とおりゃんせ ー』
2018年7月7日(土) ~ 7月29日(日)
午前10時 ~ 午後6時 (最終日午後4時閉館)
齋藤ナオ在廊日:21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)
「アートギャラリー三遊」
965-0009福島県会津若松市八角町15番6号
TEL : 0242-23-5338


『福島県立博物館』
も、訪れました

金曜日の小6リュウちゃんからも
「ヨシさんもう観に行った?」と言われていた
現地探訪採取型鉱物収集家の方々の鉱物展
なのですが、
アマチュアなのかプロフェッショナルなのかワカラナイほどに
完成された展覧会で、
見応えと満足度は100%を遥かに上回っていたのでした。
を観ました。その表題通り『刀(かたな)』の展覧会で
、開催をかなり心待ちにしていたのですが
「美しいモノはコワいなあ」
と感じました。
美しすぎるほどに美しかったです。
でもそこには
「美」以上の何か
がありました。
28歳の時、
刀匠藤安将平氏の展覧会を観て
、朱塗り蝦鞘の短刀の美しさに心を鷲掴みにされて
お金も無いのにローンを組んででも手に入れたいと思ったとき
画廊主さんから「スズキさんにはまだ早い」と言われ断念しました。
確かに自分でもそう思いました。
人間的にナニモノでもなかった自分があの短刀を手に入れてしまっていたら
と考え、当時を思い返すとぞっとします。
今ならどうだろう?
きょう、美しい刃(やいば)に囲まれて考えましたが
やはり僕に刀は持てそうにありませんでした。


かなり重たかったのだと思います。
家に帰り着く前に
、休憩した車中で眠り
一時間も目覚めるコトが出来なかったの
ですから。



きょうはそんな一日でした。




(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2018-07-17 00:00 | 非日常 | Comments(0)
白河ICより東北自動車道に乗り東京方面に直走るコト1時間30分
、久喜白岡JCTで首都圏中央連絡自動車道に乗り換えます。
立体交差する道路をグルグル回って(つくば方面に入り宇宙センターに向かいたい
気持ちが瞬くもぐぐぐと無視して)八王子・鶴ヶ島JCTを目指します。
鶴ヶ島JCTまで25分足らず、鶴ヶ島JCTから今度は関越自動車道に乗り
練馬方面に向かって一つ目のICが川越です。(正直に言うと
ぼ〜っとしていて鶴ヶ島JCTを通り過ぎてしまって引き返して来る
ロスタイムがありました)f^^:川越ICから目的地の
「ART GALLERY 呼友館」http://koyoukan.blogspot.com
までは15分ほどでした。それから6時間半を川越市で過ごし
埼玉県川越市を出発、一般道を通って約40分
東武東上線「若葉駅」(埼玉県鶴ヶ島市)に到着
しました。ココには我が息子夢人(ゆめひと)が暮らす寮があります。いっしょに
夕食をしました。目の前の夢人は、450gのリブステーキと生ビールを
ガシガシ食べて飲みました。
食事の途中で店内に緊急地震警報のアラーム音とアナウンスが一斉に鳴り響き
、その数秒後に、激しくはないけれども大きな波の様な長い揺れが来ました。
いつどんな場合に聴いても嫌な警報音です。
圏央鶴ヶ島ICから同じルートを同じ時間をかけて逆に辿りました。
白河市から栃木県益子町までは、
国道294号線を走ります。益子町の入り口で県道1号線にルートを変えて
茨城県笠間市へ。白河市から笠間市までは約3時間強の道のり
です。「Nobu's Gallery」https://utsu-kobonobus.jimdo.com
で満ち足りた時間を過ごし、帰路には益子町でお気に入りの店を巡って
、2日間で690kmを走った青のプリウス君と共に
リベラ教室に戻ったのは21時過ぎでした。
前日出発前までの片付けをして
今日の準備をしてから
ブログを書いていたら(しがみさこ展『森のいきもの便り』
「シャルンシャルンシャルンシャルン」
聞いたコトも無いような音(嫌な音)が南の方角から近づいて来ました。
音は白っぽい色をした軽のワンボックスカーが発しているようでした。
アレアレアレ?やけに教室の方に寄ってくるなあと思った直後に
「グワッシャン!!」

とてつもなく大きな音(目の前ですから尚更ですね)を発てて
教室の北の角に立つ、カーブミラーに衝突して止ったの
でした。
あらららら!ビックリして外に出ようと戸口に立ったら
僕の気配を察知したのか、その車はガシャゴンガシャゴン動き出し
、北の方角に低速ながらも走り去ってしまいました。
お隣の若夫婦もおどろいて出て来ました。
車が走って来て衝突するまでの一部始終を見ていたらしい
通行人の男性が「酔っぱらい運転ではないのか?」と言うほど
、車は不安定な動きをしていたらしく、
衝突前に怪音を発していたコトも考え合わせると、すでに何処かで事故を起こして来た可能性もあるし
またこの先の何処かで事故を起こすかもしれない(人身事故など起こされたら大変な)ので
警察に連絡した方が良いのでは、、と話していたら
、走り去った車が数100メートル先でハザードランプを点けて停車したのでした。
ん?車の具合を見に運転者が降りて来るのか?と思ったら
再びまたおかしな大きな音を発てて走り出したその時
、若い人は行動が早い!お隣のご主人が自分の車を発進させ、追跡へと向かったのです。
その間に警察に連絡して事情を伝え、追跡を終えて戻ったお隣のご主人と話していると
事故処理車両が到着しました。交通課の警察官の方と話しをしたり(詳しい内容はヤバいので記しませんが
コンビニの防犯カメラだとか追跡した車のドライブレコーダーのデータから解析だとか
相手が見つかったら調書で協力がどうだとかの会話でした)して、
現場写真の撮影にも立ち会っていたら23時になって仕舞いました。
「事故を起こした人は後日必ず様子を見に事故現場に戻って来るので
おかしな行動をする人を見かけたらその人や車の特徴を書き留めておいて下さいね」
とか警察官の方に言われたりして、、

a0199297_17443367.jpg

「そうか現場を見に戻って来るのかあ(イヤだなあ)」
「なんでこんなに充実した日の仕舞いに
こんなコトが起こるかなあ(イヤだなあ)」
とかイヤなコトを考えながらの帰り道は
、2日間690Kmの距離を運転した直後の疲れが
ドッとこドッとこ溢れて出てきて、家に帰り着いた途端に襲いかかって来た
あらがい切れない泥のような眠りの世界へと引きずり込まれ、
パトが外出したのも帰宅したのも全く感知出来ずに
朝を迎えるコトになったのでした。(ちなみに僕が気にしていた範囲では
きょう誰かが事故現場を見に現われた様子は
ありませんでした)

あ〜話しが長くなった(内容はずいぶん端折った
んだけど)長くなってしまった。 f^^:




こんなヘロヘロな感じの僕とは相見えず
、気持ち良い色のTシャツを着た
いつも通りのカメちゃんが絵を描く
月曜日の教室でした。


a0199297_17455475.jpg


パレットの上には
様々な青色絵の具が展開
し、、


a0199297_17461231.jpg


やさしいピンク色(アカムラサキよりのピンク色)
の下地の上に、爽やかな夏を感じさせる青色が
大胆な筆使いで、どんどん
どんどん塗り重ねられてゆきました。 

(^〜^)


a0199297_17463845.jpg

完成されたイメージへと
まっすぐに迷いなく進んでゆく
カメちゃんです。


(ほほえむ)






朝から積乱雲に囲まれているのに
降り出しそうで降り出さない、(雨の匂いがして雷鳴もするけれど
不謹慎な言い方ではあるけれど)
来そうで雨は来ません
でした。

湿度的には十分に空気が重たくて
コットマンサークルの生徒さんたちも
、体への負担が大きな
夏の教室になって来ました。


(僕の体も重たかった)


ちょっと今夜は頑張ってみようと思ったのですが
日付け変わってダウンです。


ココまでで
きょう一日は

「おしまい」

です




by yoshikazusuzuky | 2018-07-10 00:00 | 非日常 | Comments(0)
お客さまサービスセンターから手配していただいた
修理業者さんが明日の午後(31日の午後)に
不具合の原因調査に来てくれるコトになったのです。

もちろん、一刻も早い回復を願っているので
すぐに来ていただけるのは大変にありがたいコトなのですが、
様子を見てもらうためには電話機とルーター
、そしてWi-Fiを繋ぐ何本もの絡み合った配線を露わにするためには
ケーブルが埋もれる程に積み重ねられた
モノモノモノを片付けなければならないの
です。

光回線がダウンして、ネットに接続が出来なくなって
ブログの更新が出来ず、メールの送受信も出来ない辛さや苦しさよりも(大袈裟?)f^^:
、積もり積もった大量のモノたちの片付けをせねばならないコト
の方が精神的には大きな負担です(が)片付けなければ仕方ないので
遅くまで(いま現在25時)片付けして、、
a0199297_20364411.jpg
なんとか作業してもらえる空間を
作りました。(片付けたと言いつつも移動させただけのモノたちが
どこへ行ったかは見て見ぬ振り願います)

そしたら
「コレ」
が出てきました

a0199297_19590032.jpg
コレは何のパーツでしょうか?

、、と訊かれても
もちろんわからないですよ
ね。 f^^:


ずいぶん前から行方不明になって探していた、(行方不明になった原因はわかっているの
ですが既にその子は口を割らぬまま
いなくなっていのであえて語らずにおきましょう 苦笑
 あの子は元気にしてるかな 微笑)

a0199297_20033545.jpg
愛用の
『指し棒(さしぼう)』
の先っぽなの
でした。


a0199297_20112236.jpg
(にゃンと!)

指し棒って
わかりますかパトさん?
指し示す棒
です。 (わら)


この指し棒は、
アンテナの様に伸縮します
。(22センチメートルから110センチメートルになります)
小学校図工の授業で活躍出来なくなってから、早一年が経とうかという時に
発見されましたが、
「肝心の小学校に僕は出入り出来なくなってしまいました」
なんてオチが待っているなんて、想像すら出来ませんでしたが
。(苦笑)

何はともあれ、指し棒くん(さん?)も
欠けていた体の一部分が見つかって、
完全態に戻れて良かった良かった
です。(微笑)


そして、、
a0199297_20174494.jpg
こんなモノ(今は無きガラス工場から拾って来た
小さなガラス塊)も、
棚の裏側に落っこちて
いました

光を透かすと
、、
a0199297_20185462.jpg
こんなに素敵な蒼に輝きます

『瑠璃(るり)』の様であります



(微笑)



他にも、いろいろなモノが落っこちていましたが、
最後にご紹介(ご紹介していたのか?)するのはコレです
。今は亡き、敬愛するアメリカの作家
「ロバート・B・パーカー」氏
に出会うきっかけを作ってくれた一冊
、、

a0199297_20224486.jpg
『Early Autumn 〜初秋〜』

です


もちろん、この本は落っこちていたワケでも落っことしておいたワケでもありませんよ。モノたちに阻まれ手の届かなかった本棚から引っ張り出したのです。読み込み、擦り切れた表紙やページに、あの頃(スペインで独り絵を描いていた頃)を思い出します。


そんなワケで明日には光回線が修理されて
昨日書いたブログもこのブログもアップ出来ると良いなあ
と思います。


a0199297_20200061.jpg
(そうだニャん)


では、
また明日


(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2018-05-30 00:00 | 非日常 | Comments(0)
絵を描き始めて
筆がのって来ると
我慢出来なくなるコトが二つあります。



その一つは
「地球に直に触れたくなるコト」
です。


a0199297_22594540.jpg

どうにもならないくらいに
欲求が高まると、僕は
岩石の露頭を探します。



何故?と訊ねられても答えられないの
だけれど、普通に地面に触れるだけ
ではダメなの
です。


a0199297_23003046.jpg

地表が剥ぎ取られ地層がむき出しになっている場所
でなければダメなのです



自分の中に高まっているモノが
触れた手のひらを通して露頭に吸い込まれ
、、

a0199297_23023983.jpg
(地球の胎内に吸い込まれた
と僕は思っている)もう一度、手のひらから
僕の体内へと戻されるの
です


絵を描き始めて
筆がのって来ると
そうするコトが
必要です。


もう一つのコトは
今はもう実現するのが不可能なコト
になってしまったので(悲しくなるから)触れないでおこう
と思います





教室が終わってから描いています。



しかし今夜はどうにも空腹に絶え切れずに
コンビニエンスストアに走り
(いつのまにか外は雨になっている)
、、

a0199297_23060338.jpg


インスタントのカップ焼きそば
を購入して来ました


a0199297_23063043.jpg

前回、ソースとふりかけとスパイスを取り出すのを忘れて熱湯を注いで
しまって大変な思いをしたので、今回は確認してから熱湯を注ぎました。

(学習する男です)

(わら)



コンビニエンスストアのくじ引きで
野菜ジュースが当たりました。

a0199297_23065486.jpg

コンビニエンスストアさん
にまで健康を気遣っていただき
恐縮です


(そうなのか?)



(わら)








by yoshikazusuzuky | 2018-04-18 00:00 | 非日常 | Comments(0)
道中ずっと吹雪いていて
白河に戻ったら雪景色でした


a0199297_17062476.jpg

春の雪
ですね



a0199297_17075573.jpg
半日眠った我が愛猫、
黒猫のパトさんも
どうしたモノかと思案中。


でも、寒い外では考えも
まとまりそうにもありませんので
、、
a0199297_17091290.jpg
部屋に戻ってまるくなり
ファンヒータの風に自慢の黒い毛を
つやつや吹かれておりました
とさ(まる)






ピラルクに逢ってきました。


a0199297_17100165.jpg

恐竜たちが全盛の時代、
白亜紀の大量絶滅も生き抜いて
一億年もむかしのままの姿
で生き続けているのです。


a0199297_17112308.jpg

a0199297_17113903.jpg

a0199297_17115819.jpg



子どもたちといっしょに横並び
僕も水槽のガラスにへばりつき
気づけば一時間が経っていました





a0199297_17125328.jpg


他の水槽の魚たち、
誰も見ずにピラルクだけを見て
帰って来たの
でした





帰り着き、
部屋に落ち着いても、
なんだか不思議な感触が
脳の中に残っていて

誰かが部屋の
隅っこの、

時間の蒼い塵が積もった中
から、、


a0199297_17185200.jpg
じっとしてこちらを見つめているよな
気がするのでした



(沈黙)





by yoshikazusuzuky | 2018-03-22 00:00 | 非日常 | Comments(0)
黒猫のパトさんをのぞき
インフルエンザに全滅しました。

その元気なパトさんでさえ
戸口から外をのぞいただけで出るのをあきらめ引き返すくらい
外では雪がしんしんと降り積もっています。

お医者さんへ薬局へスーパーマーケットへと車を走らせ
よる雪が降り始めるまで動き回り続けたので
病み上がりであるコトを思い出させられていたところに
この雪の降りです。

否が応でも明日は雪かきをしなければならない筋書きのようです。










by yoshikazusuzuky | 2018-02-06 00:10 | 非日常 | Comments(0)
先ずはコンタクトレンズを入れた。
水曜日からだから4日間コンタクトレンズ無しで眼鏡もかけない世界を見ていて
眼球は明らかに裸眼の心地よさに馴れてしまっているから、
先ずはコンタクトレンズを入れて眼球に視力を連れ戻さなければならない。

熱は一昨日も昨日もリバウンド無しで
36度5分前後を行き来しているので
大丈夫そうだし体中に絡まりまとわりついていた茨の蔦も外れたように
痛みも無くなったので
もう入浴を我慢出来ない。

5日間入れていない。

髪も髭も伸び放題だ。

今夜は入浴を決めたので風呂掃除をした。

目眩がするくらいがっちりと風呂を掃除した。

一部屋に閉じこもっている重さも祓わなければならない。

重いと感じたら
じゃきじゃきじゃきじゃき
髪を切って軽くなる

むかしは僕がガチャガチャに髪を切ると
叱ってくれる美容師の友達がいたけど今はもう近くにいなくなってしまったので
思い立ったら何が何でもどんなになろうとおかまい無しで切る。

夜、

入浴時、

浴室の床に新聞紙を敷き詰めて
髪を切った。

髪を洗った。

4回洗った。

タオルを泡ぶくだらけにして
体中をごしごしごしごし3回洗った。

髭を剃った。

シェービングジェルをたくさんつけて
髭の生え方に逆らう方向に剃刀を使い
2回剃った。





とても軽くなった。




とてもとても軽くなった。




パトが帰って来た。

缶詰とカリカリを食べた。

パトは眠るのかな?




僕も眠れるかな?

早く明日になってほしい。

明日は家の外に出たい。(ちょうど可燃ゴミの日だしね)









ブログアップしたら
こんな記事が表示されたので
追加して懐かしく再アップ

あの年も寒さ厳しい冬でした。






by yoshikazusuzuky | 2018-02-05 00:00 | 非日常 | Comments(0)
風がどうどう大きな音を立てて吹いているので
いろいろなコトを考えて眠れなくなってしまいます。

昨夜も眠りに落ちたのは午前4時過ぎで、病気を患っている時は眠りも浅いからなのか、小間切れのおかしな夢ばかり見て、とても熟睡出来ません。

昨日はそんなショートショートみたいな夢のオンパレードでした。

覚えているだけを羅列すると‥

手塚治虫先生の忘れ形見は生身の鉄腕アトム少年で、アトム少年は漫画家で僕とチームを組んでいて(事務所は山の中の木造の古い小学校)、アメリカが手塚先生の全漫画をアニメシリーズ化する計画があるらしいが手塚先生の漫画をアメリカにアニメ化させるなんてガマンならない、アトム!お父さんの漫画は僕たちでアニメ化しよう!

‥とか、

幅は2メールくらいしかないのに長さは15メール以上もある格闘リングが夏草の鬱蒼と生い茂る中に設置されていて、「僕」対「メキシコ人覆面レスラー11人」の対決。1対11では勝負になどならないのに覆面レスラー達はめちゃくちゃ本気で、僕の首をほどいたコーナーロープでコーナーポストに固定して「ルチャ〜!ルチャルチャルチャ〜!」と叫びながらニードロップをカまし続けている

‥とか

雨降りの道路にうずくまっている猫がいたから「どうしたの?道路は危ないよ」と抱き上げたら猫の格好をした小さなお婆さんだつた

‥とか

大きな犬が嬉しそうに僕の首筋に噛みついて、嬉しそうに僕を裏庭まで引きずって行って、嬉しそうに穴を掘って僕を埋めた

‥とか

むかし僕が働いていたスナックに来てくれていた女の子がカウンターに座って、好きだったスクリュードライバー(ウオッカ少なめ)には口もつけずに、ただ黙ってグラスを見つめ続けている

‥とか

ちょっと口にするのははばかられるほどグロテスクな姿の生き物に「お前もな」と言われた

‥とか。

そしてそれよりもっと断片的なイメージで、脅迫電話だとか嫌がらせの手紙だとか、いま起こっている全てのコトが、夢と夢の間に埋め込まれているのでした。

何だか悔しくて仕方がない。まだまだ写真を探し足りないのかブログ探索は過去へ過去へとさかのぼって今も続いています。ブログ記事をメッセージに差し替えても何をしてもおさまりはつかないのですね。集めた写真には、また記事の内容とは全く関係の無い文句が添えられるのでしょう。関連したブログを削除しようかとも思ったけど、それらの記事には思い出も詰まっているからね。

同じような嫌がらせに長く苦しめられていると打ち明け話しをしてくれた若い友だちもあったけど、その子もだけど、やっぱり悔しくてたまらないよね。

人を信じられなくなるより先に、自分が信じて歩んできた足元が危うくなる。ガラガラ音を発てて崩れ落ちそうになる。

今回のコトで繰り返し悔しく思い出すのは教育長さんに言われた‥

「そんなにその(リベラの)子が好きなら個人的にその子の写真を財布に入れて持ち歩きなさい」

‥という僕にとっては理解不能で意味不明で侮辱的で屈辱的な一言。

今までの僕という存在意義の全てを否定されたようで‥

いかん思い出すと涙出る。


やっぱり僕に長い休みは向かないのです。考え事する時間は短ければ短いほど良いのです。「はいおとなしく療養します」なんて言ったばかりなのに、本当は早く余計なコト考えらんないほど忙しい日々に戻りたいです。もう何も思い返したくない。今のコトだけで手一杯、明日からのことで精一杯がイイ。あと2、3日もこんなしてたら気が変になってしまう!


ああ‥


今夜も眠気が来ないなあ‥
by yoshikazusuzuky | 2018-02-04 00:04 | 非日常 | Comments(0)
かいがきょうしつリベラ開設から13年、
毎年たくさんの子どもたちがインフルエンザに感染し
学校は出席停止中でも調子よくなるとリベラには顔出して
ワザとヨシさんにクシャミを浴びせかけたりしてみせるのだけけど
予防接種も受けたコトないけどヨシさんには通用しないのだ!
わっはっはっはっは〜
と笑っていられた昨年までと今年とでは、
いったい何が変わったのか?

インフルエンザB型を発症して寝込んでおります。

39度9分まで発熱し
全身の痛みと
その痛みが痒みかと感じる程のモノ凄まじい頭痛に
動けずにおりました。

現在は熱も落ち着き
痛みも少しずつ緩和されつつあり
動けるようになりました。

7日(水)まで教室はお休み、
8日(木)から再開させていただきます。

教室お休みのメール連絡後に返信いただいた
たくさんのお見舞いメールありがとうございました。
ヨシせんせい見れないでしょ、、と皆既月食のライブ映像を送ってくれた子もありました。
お正月の家族旅行の一コマか?やたらにちぐはぐなセクシー写真を送ってくれた子も
ありました。(見た途端に発熱が倍増しました 爆笑)
ヨシさんがインフルエンザにかかるなんて
子どもたちは誰も想像出来ないのですね。 f^^:

弱り目に祟り目、
踏んだり蹴ったり、昨年から続く
ろくでもないコトは今年もまだまだ続くのかよ!
、、と
布団の中で熱にうなされ痛みにのた打ちながらふて腐れておりましたが
子どもたちからのメールで元気が出ました。

たくさんのご心配をありがとうございます。


来週には元気に
復活します!!


ヨシさんでした



(^〜^)





by yoshikazusuzuky | 2018-02-03 12:51 | 非日常 | Comments(0)