人気ブログランキング |
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:記憶の欠片( 232 )

暑くもなく寒くもなく
運動会日和であったように思う
土曜日でした。

午前10時からと午後1時半からの
小学生教室は、全員が運動会に参加するので
お休みでした。

お休みでした
ので自分の仕事を店開き
して、、

a0199297_20471897.jpg


作品に3回目の油使い
を行ないました。

スペイン製 油絵の具、
「VERDE TITAN OSCURO」
「AZUL ULTRAMAR OSCURO」
「CARMIN VIOLACEO」
の3色を、コーパル樹脂から作ったワニスを
テレピン油で稀釈したモノでに溶かして、
薄く薄く塗り重ねます。

a0199297_20471861.jpg


塗り重ねる前の状態を知っている人が見ても
その違いには気付かないだろうと思われるほどに小さな色の変化が画面に起こります

a0199297_20471862.jpg
(自然光で撮影)



究極の自己満足。

ただただ自分が
気持ち良くなる行為
です。(ときどき誰かも
僕と同じように気持ち良くなる行為)

(^〜^)




a0199297_20504248.jpg

夕方4時に
作品たちは、
一時天井近くへと移動
しまして、、

a0199297_20504299.jpg

a0199297_20504251.jpg

a0199297_20504206.jpg

a0199297_22164188.jpg


中学生高校生のクラスが
21時過ぎまで続きました





片付け終えて
22時を過ぎました。

a0199297_22162526.jpg

これから
4回目の油使い
を、

します



a0199297_22162688.jpg


これが最後の油使いに
なると
思います。(静かな気持ちで
内なる心に
微笑んで

色を
重ねる



(微笑)




by yoshikazusuzuky | 2019-05-19 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
歳の所為ばかりでは無く
そもそも僕は涙腺が弱いのですが、
きょうは何かにつけて涙にくれていて、
描いている絵が
テーマ通りに、
水の中で揺らめくように
見えています。

今夜はそんなワケで(どんなワケだか
ボクにもわからん)涙は出っ放し
だし、絵の方から手も離せなく
忙しいので、

伝えておきたいどうしても一言いっておきたい
大切な大切なお知らせだけを
一つだけ記します



今日のお昼の
お弁当のオカズ
に、、

a0199297_23123300.jpg



赤いポークウインナー
を焼きましたー!

「わおわおわお」 (^0^)/

やっぱりソーセージと言えば
、(スペインのソーセージ
を除いて)

「赤いポークウインナー」と「魚肉ソーセージ」が
ソーセージなのだ!

と、

僕は涙を流しながら思うのでした。


(なんのこっちゃ?) f^^:


a0199297_02413018.jpg

a0199297_02413012.jpg

a0199297_02413074.jpg


もうスグ
午前3時


a0199297_02413016.jpg

a0199297_02413037.jpg


今夜はココまで。


a0199297_02413086.jpg


お仕舞い。



(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2019-05-15 02:44 | 記憶の欠片 | Comments(0)
by yoshikazusuzuky | 2019-04-25 17:03 | 記憶の欠片 | Comments(0)

椿

椿の花
好きです

a0199297_16564476.jpg



by yoshikazusuzuky | 2019-04-25 16:57 | 記憶の欠片 | Comments(0)
昨日ほどではありませんでしたが
きょうも気温が高くなりました。

a0199297_21081026.jpg
「ぴちゃぴちゃぴちゃ」



a0199297_21081060.jpg

温室は
暑すぎますね

パトさんスズメを
ポイント中です。

a0199297_21081057.jpg
この直後に
ジャンプ一発!

スズメを追ってどこぞへと
走り去って
ゆきました


(^〜^)



小学6年生のふうちゃんが
、来春には取り壊されてしまう白河保育園(僕が図工の指導に通っていた保育園で
ふうちゃんと初めて出逢った保育園です)の園庭に咲く桜の花びらを二枚
大切にポケットに仕舞って来て、、

a0199297_21081104.jpg
「ヨシさんに一枚あげる」
と言い
ました

ふうちゃんは白河保育園が大好きなのです。

秋の展覧会の題材は
、6年間ずっと
白河保育園々舎
でした。

こんなにふうちゃんに愛されている
白河保育園は仕合わせだなあ
と、ヨシさんは思いました。

「ありがとうふうちゃん」


(^〜^)



小学1年生のあやかちゃん
が、、

a0199297_21081190.jpg
「はい」


と、
折り紙で
作った「HEART(ハート)」を、
僕の胸に
くれました

なんだかブリキのキコリになったような
仕合わせな気持ち。


「ありがとうあやかちゃん」



(^〜^)




ちょっと懐かしい曲を
みんなに、、

a0199297_21081083.jpg
きょうのヨシさん
(ここねちゃん撮影)



HEART/あんべ光俊

https://youtu.be/cNow0dcTRDs




(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2019-04-20 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
きょうも朝から探しているのです
が、見つかりませんし
強い風は吹いているけど
猫バスの姿もありま
せん。

何を探しているのかというと
、スペイン時代に
「詩」
を書き留めていた
十数冊のノートと、
その詩と対を為す写真
です。

夏に参加する展覧会に出品する絵
の、もとと
なります

春に参加した展覧会に
展示していただいた
F100号の作品『虹とアンモライト』の続編となるモノで
、題名も同じ
『虹とアンモライト』
とつけます。


見つからなくて
困り果てて
「キーーーーーーーーーーーーーーーッ」
ってなりながら
あちこちひっくり返して
います。


目当てのモノが
見つからなくて
「キーーーーーーーーーーーーーーーッ」
ってなって
いますが、、

a0199297_17570496.jpg



4〜5年前に外出中に落として
失くしたのだと思い
探し様もないとあきらめた
、、

a0199297_17570471.jpg



超!お気に入りの
『黒猫ブローチ』
が出て
来ました

棚の奥に積み上げられた
段ボール箱と段ボール箱の間に挟まった状態
で(なぜこんな状態でココに?)f^^:
見つかりました。


「うれしい!」(^〜^)

「とてもうれしい!」(^0^)





帳面と写真も
見つけたいのです。

何とかして見つけたいのです。

無いワケは
ないのですから、、

何としてでも
見つたいのです。

家の中から出ない
、狭い範囲での
「バカみたいな話」
ではありますが、
なんとかして
見つけないと次の作品が成らないのです。。


なんでもかんでも捨てられずに取っておくから
こうなります。(必ず何かに使える筈だ
と思って取っておく
悪い癖がどうしても抜けません)

家の中をちょっとだけ
ひっくり返しただけで
、、


a0199297_17570403.jpg

この量のゴミが出ます




「あああ、、」





by yoshikazusuzuky | 2019-04-10 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
何故だか
ワケがワカラナイの
ですが
、、

a0199297_17394232.jpg



ボクは
きょうも
海に
いました


公募展に作品を出品し
その展示を観るため東京に足を運び
白河に戻ると
、、

a0199297_17394177.jpg
a0199297_17394126.jpg
a0199297_17394105.jpg


何故と説明出来ないの
ですが、不思議な浮遊感に
包まれた状態で
数日間を過ごすコトに
なります。


a0199297_17394296.jpg


そして、その時
決まって頭に思い浮かぶの
は、、

a0199297_17394321.jpg



村上春樹:著
『羊をめぐる冒険』
の中の一節で、
「羊博士」が主人公の「僕」に
「羊抜け」について語る場面なの
でした。



海に異質なモノとして
佇んだボクは、、

a0199297_17404244.jpg
a0199297_17404278.jpg


「羊博士」と「僕」との
やり取りに、
思いを巡らせて
おりました。


a0199297_17535661.jpg
a0199297_17535700.jpg


a0199297_17535737.jpg
a0199297_17535786.jpg



明日には
教室のボクが居るべき場所に
戻っています



たくさんの虹色と出会いました。


by yoshikazusuzuky | 2019-03-28 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
こんな書き方をすると
気が狂れたのかと思われそう
ですが、、

a0199297_22275828.jpg


気づけば足もとには波が寄せ、


a0199297_22275820.jpg


目の前には海がありました。


a0199297_22275785.jpg


砂岩に取り込まれた真珠貝。


a0199297_22275896.jpg


穴空き石の
穴の中にも、



a0199297_22275851.jpg


空と海があります。


a0199297_22275859.jpg


海に突き刺さる巨大な十字架。


そして、、

a0199297_22275945.jpg


まるで懺悔する様な
青い星が
ありました




今日は一日を、

海で
過ごしました。





by yoshikazusuzuky | 2019-03-27 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
あすから
春のお彼岸にはいります
ので、、

a0199297_18360948.jpg

お昼休みに
お墓参りとお花あげに巡りました
。(午前中の教室ではアイちゃんと一緒に
僕も絵を描かせてもらいました)



お花は
『白河花子』さん
でお願いします
。 (展覧会のアレンジメントや記念日のお花も
お願いしているとても素敵で個性的なお花屋さんです)


a0199297_18360924.jpg


お墓に供える花
とは思えない感じ
ではないですか?


a0199297_18360901.jpg

お花を供えて
お線香を焚いて
掌合わせ、

「ありがとう」

を伝え
ました


(微笑)




a0199297_18360908.jpg

日曜日の教室
お仕舞い
です。


明日は月曜日。


カメちゃんとコットマンサークルの教室です。





by yoshikazusuzuky | 2019-03-18 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
2006年に公開された
シルヴェスター・スタローン主演のボクシング映画
「ロッキー」シリーズの
第6作目となる

ロッキー・ザ・ファイナル』
(原題『Rocky Balboa』)


無敗の若き世界ヘビー級王者メイソン・ディクソン に挑む
中年を迎えた
ロッキー・バルボア


物語終盤の1時間30分38秒
お互い力の限りを尽くし死闘を繰り広げ
いよいよ最終ラウンドが始まる間際、
初めて出逢った自分を苦しめる本物のファイター
ロッキーに対して、
顔面を腫れさせた若き無敗の王者
ディクソンが言う。

「いかれたジジイだぜ」

その言葉にロッキーは

「お前もそうなる」

と答える。

ここで、こみ上げて来る
とてつもなく熱いモノを
ぐっとのみ込み、耐えに
耐える。

そしてその1分後の
1時間31分
更なる死闘の中でロッキーは
息子 ロバート・バルボア・ジュニアに贈った言葉
回想する。

ここで、我慢に我慢し
耐えに耐えて押さえつけていた
感情のたがが外れて、
涙が土砂降りの雨の様に
流れ出すのです。



と言うワケで、、

a0199297_00530249.jpg

a0199297_00530254.jpg

今夜はココまで
乾燥待ち終了
です。


また明日。



by yoshikazusuzuky | 2019-02-28 00:59 | 記憶の欠片 | Comments(0)