ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

 「いってきますパトさん」

(微笑)

a0199297_17161556.jpg
我が愛猫
黒猫のパトさんお見送りの図
です

気温が高いのか低いのか
体感的に戸惑うような今朝でしたが
、、
a0199297_17164317.jpg
青空に黒猫が
美しかった朝
でした




せっかく気持ち良くパトさんが見送ってくれたのに
教室に到着しての一発目は「ムッ!」とした気持ち
です

。(いつものコトながら
「やれやれ」です)

a0199297_17190219.jpg
はい
どういう状況かおわかりですね?
そうです
ポスト投函口にさりげなく目立たない感じで
セロテープが貼られているワケです。(またやりやがりました)

あのね?
郵便配達の局員さんは一日、限られた時間と戦いながら
郵便物を配達してくれているワケですからね、
ちょっとした冗談でも冗談と感じれないくらいに忙しくしている
と思いますよ。

セロテープ一枚の何気ない冗談でも
郵便局員さんにしたらけっこうなストレスになると思いますので
外部の人に向けてのイタズラは止めておきましょう。(ね?)

そして今この時期に中に入っているモノと言えば
当然コチラの、、
a0199297_17232960.jpg
『投げたて新鮮落花生』
になりますね。(リベラでは投げたてでも世間では節分から一週間も経っているのだから
郵便局員さんもらってもぜんぜん嬉しくないと思います)(郵便局員さんを気づかうならば
豆じゃなくて「おつかれさまです」と一言書いたメモ用紙でも入れておきなさいよ)


とにかくヨシさん以外の大人にちょっかいを出すのは
止めましょう『禁止!』です。






さてそんなワケで
豆合戦の第3日目にして最終決戦
土曜日之巻
であります


a0199297_17263281.jpg
a0199297_17274426.jpg
a0199297_17282950.jpg

(ホントウは土曜日夕方からの高校生に中学生とも
豆合戦をしようと考えていたのですが)


a0199297_17291288.jpg


(僕の中の悪い憑物が祓われる前に
僕の方が祓い刈り倒されるのではないのか?
との危機感もあって)


a0199297_17302431.jpg
a0199297_17345638.jpg
a0199297_17355051.jpg
a0199297_17361886.jpg
a0199297_17372933.jpg


(豆合戦は本日土曜日の小学生をもって
終了いたすコトと相成りました)


a0199297_17404584.jpg
(さすがにつかれたらしいヨシさんの図)
(ダンペちゃん撮影)

(ちょん
ちょんちょんちょんちょんちょんちょんちょん
ちょちょん)



a0199297_17293148.jpg

子どもたちから「陽の気」を
たくさんたくさん注入してもらいまして、
『大リベラ豆合戦』
これにて幕引きであります



(ちょん)



(^〜^)






『いつかの未来に』
a0199297_18063461.jpg

a0199297_20060187.jpg

きょうも次々
不思議な生き物たちが完成しています


(^〜^)





ヨシさんはと言いますれば
、、
a0199297_20064017.jpg
次回テーマの
『あたたかい絵』
の絵の具代わりの毛糸玉画材の準備で
コツコツコツと
一日内職しておりました


小学生のお手伝いさんは単調な作業に絶え切れず
早々にギブアップでしたが、、
a0199297_20072651.jpg
夜の高校生の子が黙々と
4玉分をカットして行ってくれたのでしたが
この準備にこんなに手間がかかるとは
考えもしなかったヨシさんだったの
でした


。 f^^:



インフルエンザから復帰して
とりあえずの3日間を終えました。

明日11日の日曜日は『白河だるま市』なのですが
病み上がりに「だるま市」に行くのは危険かなあ〜(インフルエンザのA型
とかもらっちゃいそうだし)なのでおとなしくしていようかな
と思います。

3日間の『豆合戦(大豆まき大会)』で使用した「豆(まめ)」の量は
「3,780g 」でした。

いやあ子どもたちに元気をもらいました。

でもしばらく豆まきは
お腹いっぱいかな? (笑)


「ありがとうございました!」



(微笑)












# by yoshikazusuzuky | 2018-02-11 00:04 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
フウちゃんはあろうことか
インフルエンザ発症してお休みだったのですが
、、
a0199297_17343022.jpg
ショウガ(K・オウガ)、
チュウガ(H・オウガ)、
ケント、マサトが参加して
『豆合戦』
は滞り無く執り行われました


しかし小学生も高学年ともなると
いがいと無口で余計なコトは一切口にせず
(と言うか「鬼は外・福は内」くらいは言って欲しいんだけど
言ってほしいコトは言ってはくれないのね)f^^:
、、
a0199297_17390759.jpg

a0199297_17392581.jpg

a0199297_17394241.jpg


「ニヤリ」とか笑みを浮かべながら
黙々と合戦するので、
ピーナツに速度もあって
なかなかスリル満点な豆合戦となったの
でした




a0199297_17403184.jpg

a0199297_17410395.jpg





夜の中学生二人組さんも
「まくう〜」
「ぶつけるう〜」
、、
a0199297_19075235.jpg

a0199297_19081762.jpg

と豆まきに参加
ヨシさんに憑いた悪いモノを祓ってくれました

。(祓えたのだろうか?) f^^:




きょうの午前中はこんなコト
やってました。

a0199297_17515270.jpg

a0199297_17521192.jpg

a0199297_17523166.jpg

a0199297_17524683.jpg

6月に参加する台湾で開催される展覧会は
作品サイズや絵の具の厚みが、けっこう厳しく制限されているので
いつも使っている木製パネルが規格外で使えないので
急きょキャンバス(久し振りにキャンバスに絵を描く)を解体して組み直し
支持体作りをしていました。




さあて明日は土曜日

8名 + 8名 =16名
の小学生による豆合戦が予定されております。

a0199297_17404836.jpg
明日も盛り上げて
まいりましょう!

おー? ( 0 )/



では
、、
a0199297_19300997.jpg
「希少種:リーゼント落花生」
チュウガ(H・オウガ):作

また明日




(微笑)





# by yoshikazusuzuky | 2018-02-10 00:05 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
世界最古の文明に起源する何らかの儀式の
始まりが告げられようとしているかのような
、、
a0199297_21220327.jpg
実に様になるポージングです
ヨシキちゃん

(微笑)


「おにはーそと!」
でもなければ
「ふくわーうち!」
でもなく、、
a0199297_21260630.jpg
あまりにも唐突に始まった
「豆まき」
と言うよりは
『豆合戦』
でした



いやあ〜燃えた
燃えた、、
a0199297_21282716.jpg
何かが確実に
まちがいなく
燃焼した

。 (^〜^)


お行儀は悪いですが
「ぱきぱきポリポリポリ」
とピ−ナッツを食べながら(ヨシさんもね)の
ヨシキちゃんの教室
、、
a0199297_21403316.jpg

『いつかの未来に』


a0199297_21411895.jpg
その不思議な世界と生き物たちの絵が
完成しました

。 (^〜^)/



明日の金曜日も
(インフルエンザでお休み
の連絡来ている子もありますが)
、、
a0199297_21473209.jpg
大豆まき大会
リベラ豆合戦
は続行されます


明日の男子メンバーの秘めたるパワーのバクハツは
想像を絶してヤバいかもしれない
。 f^^:

a0199297_21483460.jpg
こんど小学一年生になる幼稚園年長さんの女の子
の体験教室の日程が月末に変更になったのも
明日起こるかもしれない惨劇を察した神さまの
お導きかも知れません。

「アーメン」 ( 0 )




きょうは青空だったし
きょうから教室も再開するのですから
我がプリウス君も洗いました

a0199297_21570754.jpg
泥水の跳ね返りで真っ白なつや消し状態になっていたボディーもキレイになって
青空と雪を素敵に映していました


洗車する僕を我が愛猫
黒猫のパトさんは、
暖かな温室から観覧ですか
、、
a0199297_21593521.jpg
と思ったら
「あらいないの?」
かなと思ったら
、、
a0199297_22030459.jpg
きょうは黒色のダンボール箱の中にいたの
でした
。(黒色箱に出来た影の中の黒猫は
いないのと同じくらいに目立たなかったの
でした) f^^:


日向は暖かいけど
日影の気温は相変わらず低くて
、、
a0199297_22043469.jpg
軒下の氷柱は溶けて雫を滴らせても
まったく短くはならないで、
ますます長く伸び続けています
。(「パキパキパキ」とか「ガラガラガシャン」とか音がする度
パトさんにかぎらず軒下を歩く猫たちのコトが
とても心配になる季節です)



ヨシキちゃんの絵の写真でお仕舞いになってしまいましたが
今夜の大人の生徒さんの教室は、全員が「風邪気味でお休み」との連絡が入って
キョンセルとなったのでした。(おとなの生徒さんにも豆まきしてもらおうと思っていた
のに残念だったなあ) f^^:






今夜のまとめのオマケの話:
100円の店で次回テーマの材料の物色と調達
をして来たのですが、、
a0199297_22182669.jpg
買い物カゴにたくさんの
カラフルな毛糸玉を入れてレジで会計していたときに
後ろからの強い視線を感じて振り向いたならばおばちゃまが
「あらま?なに作るの?」
みたいなあたたかな微笑みを浮かべて
僕と毛糸玉を交互に見比べていたので
「あ、マフラーです!」
みたいな笑顔を返しておいた
肩の丸い大男な僕だったのでした

「はははははー」 ( 0 )






# by yoshikazusuzuky | 2018-02-09 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
明日から
かいがきょうしつリベラ
再開です。

a0199297_17293792.jpg
前よりも元気になって帰ってまいりましたあ〜とはいかないけれども
かなり原形に近く再生修復されている
と思います。(ヨシさん個人の見解です)


さあ!それではコノ先は
リベラっ子たちに完成させてもらいましょう!


テーブルの上に置かれたヨシキちゃんの絵に
目を奪われガチでしょうが、

「は〜い!
もうすこし左上にちゅ〜も〜く(注目)!!」

べつに某通販サイトから届いた訳ではありませんが
大量の『豆(まめ)』を
運の塊!リベラっ子たちにご用意させていただきました!!
ので、、
a0199297_17382836.jpg
明日から一週間は
『リベラ大豆まき大会』
を開催し、ノンストップで
豆をまくぞー!(ノンストップは言葉のあやねもちろんね)f^^:


「おーっ!!」 ( 0 )/



もう病み上がりであろうと
何であろうと
ヨシさんにこの大量の豆を「バッシンバッシン」ぶつけていただいて
ヨシさんもそのぶつけられた大量の豆を拾い集めて
「バッシンバッシン」ぶつけ返させていただいて(あったり前じゃん今年は一週間の長丁場なんだから
やられっ放しになんかなるかーい!!)( 0 )
厄払い厄払い気持ちも新たに
今年度最後のテーマへと突き進んで行きましょう!


、、というワケで
気持ち引き締め
気持ちを入れて、、

a0199297_17385859.jpg
2月のリベラは
「豆まき」
から始めるからねー!!




「おおー!!」 ( 0 )/






(むふふん)





ちなみに2月からの新しいテーマは
『あたたかな絵』
です。

温かそうな(暖かそうな)モノをモチーフにした絵を描くのではなくて
ほんとうに「もこもこ」して「ふかふか」な絵を作りますよ。

はやく新テーマに入りたいから
今週で「いつかの未来へ」完成させましょうねー! (^0^)/
(一週間のロスタイムを作ってしまったので
強くは言えないが)f^^:







# by yoshikazusuzuky | 2018-02-08 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
目覚めたら晴れていて
雪は消えて無くなっていました。

昨夜勝手口の戸の隙間からパトさんと覗き見た光景が
(しんしんとゆきはふりつもっていた)
黒猫につままれたかのようで幻と思えるほど
路面から雪は消えて無くなっていたのでした
。(日本海側北陸の町の方々を思うとのんきなこと言っている自分が情けなくなります)



午前中に「そ〜っ」と教室の出向いて先週火曜日の教室終了時のままになっていた珈琲カップやお菓子皿中学生たちのパレットや筆洗バケツにつっこんだままの筆などを片付けて買い出しをして帰宅しましたが動くコトによる目眩などは昨日よりも軽減された気がするので明日一日あれば木曜日からは頑張れそうです、、ではなくて「木曜日からロスタイムを取り戻すべく頑張ります!!」(^〜^)



録画されていたネイチャー系のドキュメンタリー番組を
午後から観ました。



イベリア半島とアフリカ大陸との衝突により誕生した
スペイン・アンダルシアの石灰岩大地の成り立ちのお話し
だったのですが、、とにかくもう驚きの連続
でした。

そして番組が進行するにともなって激しく僕を後悔させたコトは、いま以上に身近に『鉱物』や『岩石』といったモノが溢れている環境の中で生活していたスペイン在住時代に、なぜ僕はソコ(鉱物・岩石の世界)にもっともっと深くのめり込んではゆかなかったのだろうか?と言うコトでした。赤い大地にはホントウに宝物たちが溢れかえっていたのですよ。

ところが困ったコトに僕は何の根拠も説得力も無い持論から
スペインの南の方の土地を意図的に避け続け、
ついぞアンダルシアに足を踏み入れてみようとは思わなかったのでした。

(何だったのだろう?)

説明してみろと言われても誰かを納得させられる理由などではないのです。

きっと「スペインって言ったらアンダルシアのフラメンコとかアルハンブラ宮殿みたいなイメージあるから
アンダルシアには絶対に行かない!」みたいな
ワケのわからない薄っぺらな考えでしかなかったのだと思います。

しかし仕方ない。

これも
「流れ」とその当時の僕の人間的な大きさの「限界」
だったのでしょう



あれから20年も経って
初めてアンダルシアに開眼です。(それでもやっぱり
フラメンコとか建造物に目はいっていないのだから人間の大きさと言う意味では
あの頃と同じかな?) f^^:


アフリカ大陸とのせめぎ合いによって誕生したアンダルシア、
奇岩つらなりアンモナイトたちが露出する大地は
『グアダルキビル断層』
によって隔てられた新旧二つのスペインが交差する場所

干上がった地中海(地中海はかつて一度干上がったのです)海床に生まれた
『石膏(セレナイト)結晶』 。
今はアンダルシアの地中深くに層を成し
『リオティント鉱山』「森の回廊」
『ソルバス鉱山』「鏡の回廊」
にて静かに数万年の成長を続けている 。

アンダルシアは
神秘の結晶大地
のです



メキシコのナイカ鉱山の石膏結晶とは
明らかに来歴を違とするアンダルシアの石膏結晶たちの姿は
僕の想像を遥かに超えるところに存在していて、
もの凄まじく魅力的だったのでありました。



う〜む頭の中がアンダルシアとアンダルシアの大地を形作るモノたちで
いっぱいになってしまったぞ。 f^^:



『体感!グレーとネイチャー
大陸衝突が生んだ文明の十字路 〜スペイン アンダルシア』

、、と言う番組でした。
もしかしたらいつか再放送あるかもワカラナイので
もし気づいたその時は観てみて下さい。

素晴らしかった!!


出来れば今夜は夢にも観たい。


(微笑)



# by yoshikazusuzuky | 2018-02-07 00:03 | スペイン残像 | Comments(0)
黒猫のパトさんをのぞき
インフルエンザに全滅しました。

その元気なパトさんでさえ
戸口から外をのぞいただけで出るのをあきらめ引き返すくらい
外では雪がしんしんと降り積もっています。

お医者さんへ薬局へスーパーマーケットへと車を走らせ
よる雪が降り始めるまで動き回り続けたので
病み上がりであるコトを思い出させられていたところに
この雪の降りです。

否が応でも明日は雪かきをしなければならない筋書きのようです。










# by yoshikazusuzuky | 2018-02-06 00:10 | 非日常 | Comments(0)
先ずはコンタクトレンズを入れた。
水曜日からだから4日間コンタクトレンズ無しで眼鏡もかけない世界を見ていて
眼球は明らかに裸眼の心地よさに馴れてしまっているから、
先ずはコンタクトレンズを入れて眼球に視力を連れ戻さなければならない。

熱は一昨日も昨日もリバウンド無しで
36度5分前後を行き来しているので
大丈夫そうだし体中に絡まりまとわりついていた茨の蔦も外れたように
痛みも無くなったので
もう入浴を我慢出来ない。

5日間入れていない。

髪も髭も伸び放題だ。

今夜は入浴を決めたので風呂掃除をした。

目眩がするくらいがっちりと風呂を掃除した。

一部屋に閉じこもっている重さも祓わなければならない。

重いと感じたら
じゃきじゃきじゃきじゃき
髪を切って軽くなる

むかしは僕がガチャガチャに髪を切ると
叱ってくれる美容師の友達がいたけど今はもう近くにいなくなってしまったので
思い立ったら何が何でもどんなになろうとおかまい無しで切る。

夜、

入浴時、

浴室の床に新聞紙を敷き詰めて
髪を切った。

髪を洗った。

4回洗った。

タオルを泡ぶくだらけにして
体中をごしごしごしごし3回洗った。

髭を剃った。

シェービングジェルをたくさんつけて
髭の生え方に逆らう方向に剃刀を使い
2回剃った。





とても軽くなった。




とてもとても軽くなった。




パトが帰って来た。

缶詰とカリカリを食べた。

パトは眠るのかな?




僕も眠れるかな?

早く明日になってほしい。

明日は家の外に出たい。(ちょうど可燃ゴミの日だしね)









ブログアップしたら
こんな記事が表示されたので
追加して懐かしく再アップ

あの年も寒さ厳しい冬でした。






# by yoshikazusuzuky | 2018-02-05 00:00 | 非日常 | Comments(0)
風がどうどう大きな音を立てて吹いているので
いろいろなコトを考えて眠れなくなってしまいます。

昨夜も眠りに落ちたのは午前4時過ぎで、病気を患っている時は眠りも浅いからなのか、小間切れのおかしな夢ばかり見て、とても熟睡出来ません。

昨日はそんなショートショートみたいな夢のオンパレードでした。

覚えているだけを羅列すると‥

手塚治虫先生の忘れ形見は生身の鉄腕アトム少年で、アトム少年は漫画家で僕とチームを組んでいて(事務所は山の中の木造の古い小学校)、アメリカが手塚先生の全漫画をアニメシリーズ化する計画があるらしいが手塚先生の漫画をアメリカにアニメ化させるなんてガマンならない、アトム!お父さんの漫画は僕たちでアニメ化しよう!

‥とか、

幅は2メールくらいしかないのに長さは15メール以上もある格闘リングが夏草の鬱蒼と生い茂る中に設置されていて、「僕」対「メキシコ人覆面レスラー11人」の対決。1対11では勝負になどならないのに覆面レスラー達はめちゃくちゃ本気で、僕の首をほどいたコーナーロープでコーナーポストに固定して「ルチャ〜!ルチャルチャルチャ〜!」と叫びながらニードロップをカまし続けている

‥とか

雨降りの道路にうずくまっている猫がいたから「どうしたの?道路は危ないよ」と抱き上げたら猫の格好をした小さなお婆さんだつた

‥とか

大きな犬が嬉しそうに僕の首筋に噛みついて、嬉しそうに僕を裏庭まで引きずって行って、嬉しそうに穴を掘って僕を埋めた

‥とか

むかし僕が働いていたスナックに来てくれていた女の子がカウンターに座って、好きだったスクリュードライバー(ウオッカ少なめ)には口もつけずに、ただ黙ってグラスを見つめ続けている

‥とか

ちょっと口にするのははばかられるほどグロテスクな姿の生き物に「お前もな」と言われた

‥とか。

そしてそれよりもっと断片的なイメージで、脅迫電話だとか嫌がらせの手紙だとか、いま起こっている全てのコトが、夢と夢の間に埋め込まれているのでした。

何だか悔しくて仕方がない。まだまだ写真を探し足りないのかブログ探索は過去へ過去へとさかのぼって今も続いています。ブログ記事をメッセージに差し替えても何をしてもおさまりはつかないのですね。集めた写真には、また記事の内容とは全く関係の無い文句が添えられるのでしょう。関連したブログを削除しようかとも思ったけど、それらの記事には思い出も詰まっているからね。

同じような嫌がらせに長く苦しめられていると打ち明け話しをしてくれた若い友だちもあったけど、その子もだけど、やっぱり悔しくてたまらないよね。

人を信じられなくなるより先に、自分が信じて歩んできた足元が危うくなる。ガラガラ音を発てて崩れ落ちそうになる。

今回のコトで繰り返し悔しく思い出すのは教育長さんに言われた‥

「そんなにその(リベラの)子が好きなら個人的にその子の写真を財布に入れて持ち歩きなさい」

‥という僕にとっては理解不能で意味不明で侮辱的で屈辱的な一言。

今までの僕という存在意義の全てを否定されたようで‥

いかん思い出すと涙出る。


やっぱり僕に長い休みは向かないのです。考え事する時間は短ければ短いほど良いのです。「はいおとなしく療養します」なんて言ったばかりなのに、本当は早く余計なコト考えらんないほど忙しい日々に戻りたいです。もう何も思い返したくない。今のコトだけで手一杯、明日からのことで精一杯がイイ。あと2、3日もこんなしてたら気が変になってしまう!


ああ‥


今夜も眠気が来ないなあ‥
# by yoshikazusuzuky | 2018-02-04 00:04 | 非日常 | Comments(0)
かいがきょうしつリベラ開設から13年、
毎年たくさんの子どもたちがインフルエンザに感染し
学校は出席停止中でも調子よくなるとリベラには顔出して
ワザとヨシさんにクシャミを浴びせかけたりしてみせるのだけけど
予防接種も受けたコトないけどヨシさんには通用しないのだ!
わっはっはっはっは〜
と笑っていられた昨年までと今年とでは、
いったい何が変わったのか?

インフルエンザB型を発症して寝込んでおります。

39度9分まで発熱し
全身の痛みと
その痛みが痒みかと感じる程のモノ凄まじい頭痛に
動けずにおりました。

現在は熱も落ち着き
痛みも少しずつ緩和されつつあり
動けるようになりました。

7日(水)まで教室はお休み、
8日(木)から再開させていただきます。

教室お休みのメール連絡後に返信いただいた
たくさんのお見舞いメールありがとうございました。
ヨシせんせい見れないでしょ、、と皆既月食のライブ映像を送ってくれた子もありました。
お正月の家族旅行の一コマか?やたらにちぐはぐなセクシー写真を送ってくれた子も
ありました。(見た途端に発熱が倍増しました 爆笑)
ヨシさんがインフルエンザにかかるなんて
子どもたちは誰も想像出来ないのですね。 f^^:

弱り目に祟り目、
踏んだり蹴ったり、昨年から続く
ろくでもないコトは今年もまだまだ続くのかよ!
、、と
布団の中で熱にうなされ痛みにのた打ちながらふて腐れておりましたが
子どもたちからのメールで元気が出ました。

たくさんのご心配をありがとうございます。


来週には元気に
復活します!!


ヨシさんでした



(^〜^)





# by yoshikazusuzuky | 2018-02-03 12:51 | 非日常 | Comments(0)

a0199297_19134087.jpg

「林の中の雪には
 藍色の木の影が
 いちめん網になって落ちて、、」

a0199297_19044699.jpg

a0199297_19050107.jpg

a0199297_19051751.jpg


宮沢賢治の『雪渡り』の世界観そのままに
「空も冷たい滑らかな青い石の板」
で出来ているかのような朝でしたので

宮沢賢治の文章をイメイジして写真を撮って

今夜はどんな風にブログの文章を始めようか?

などと考えていたのに
夕方いきなり
「どかどかどか」
と、、
a0199297_19545569.jpg
モノの数分で10cm以上も積もる雪になったのには驚きました
。(「どかどかどか」と降って「ぴたり」と止んだのも
不思議なお話でした)



再び時間を戻して今朝のお話し、、




藍色の影の中から
何か異なるモノが生まれ出てきたのか?
思ったら
、、
a0199297_19275901.jpg
何処かから(石灯籠の根本が異世界の出入り口だったりして?)
帰って来た黒猫のパトさんでした
。(ほんとうはお隣で飼われている小屋の中のニワトリに
ちょっかいを出していたの違いない)



そんなワケで今朝はモノすごく良いお天気で気温も上がっていたので
僕が出かけて来るとき
パトさんは
、、
a0199297_19285998.jpg

a0199297_19291546.jpg

温室で
「ぬくぬくぬく」
朝の二度寝を決め込んでおりました
。(ぬくぬくぬく)




(微笑)








きょうはカメちゃんお休み(画題と画材探しの
取材旅行中)でコットマンサールのみなさんもお休みだったの
、、
a0199297_19561303.jpg
教室は夜のカズイ君だけだったの
ですがちょうど雪の激しい時刻にやって来たので
カズイ君よりも送迎の親御さんに感謝なのでした
。(先々週はインフルエンザで先週は大雪だったので
カズイ君に会うのは2週間ぶりだったのです)


白河市のピンポイント天気予報では
「乾雪」となっていたけどかなり湿った大きな大きな
「牡丹雪」
でした。(これからますます気温は下がり夜中には氷点下8度になるようなので
明日の朝の道路状況が心配です)








# by yoshikazusuzuky | 2018-01-30 00:00 | 黒猫 | Comments(0)
日曜日、
ベッドから(そ〜っと)抜け出したのは
午前11時34分
でした。(そ〜っと抜け出したのはパトが隣で眠っていたから、、)

昨日の土曜日は2時間足らずしか眠れていませんでした
、、と言うのも金曜日の夜に
我が愛猫・黒猫のパトさんが具合を悪くして
明け方まで居間でパトさんに付き添っていた
からなのでした。

屋外でまた何かを捕って食べたのか?はたまた融雪剤でも混じった水を飲んだのか?僕が教室から帰宅する前から具合が悪かったようで、明け方まで断続的に嘔吐し通しで、パトさんが起き上がって小さな舌を「ぺろぺろぺろ」と出し入れしだすと「きもちわるいニャん」の合図で吐く場所を探して家の中をうろうろし始めます。そんなパトさんの後を広げた新聞紙とビニール袋を持ってついて歩いていたら何時の間にか日付けは変わり翌日土曜日の明け方に近い時刻になっていたのでした。

そんなワケで教室へは、ほとんど眠っていない状態で出かけて行ったのですが、若い頃には頻繁に経験していた睡眠不足や徹夜明けに訪れる妙なハイテンション状態で土曜日を一日乗り切って帰宅しましたが、さすがにもう若くはないのでグロッキーな状態でした、、にもかかわらず、吐き気も無くなり食欲も戻ったパトさんの繰り返される出入りに、午前2時頃まで付き合っていたのですが「もうお付き合いするのは限界です!」と宣言して、出てゆこうとするパトさんを捕まえて僕のベッドに引きずり込み、一人と一匹で深い深い眠いへと落ちたのでした。

a0199297_21575101.jpg
(「こらパト助!眠る気あって眠れるならば夜は外出せずに眠れや!!」
と言いたくなりますがパトさんはパトさんの中の野生を守るために
具合が悪くなろうがどうなろうが夜の外出と狩りを止めるワケにはいかないのでしょうから
致し方ないコトなのでしょう)


パトさんは眠るとき
僕の左側で眠ります。
僕の左の二の腕に
かならず左前足をかけて眠るので
「ぽちぽちぽち」
と僕の左の二の腕には
パトさんの爪がくい込んだ三つの跡が
常に残っているのでした(治って消えてはまた現われて
消えてはまた現われる)



「きょうはピラルクにあいに『なかがわ水遊園』にいきたい!」


、、いまエスキースしている絵のイメージを増幅させる為にも(「猫のような絵」なのですが
「ピラルクにあって猫にはない何か」がこの絵には必要な気がして)ピラルクに会いに行きたいと考えていたのですが、なんやかやに手を出していたら入園最終時間に間に合わない時刻になってしまって行けませんでした。(白河市から栃木県にある「なかがわ水遊園」までは片道4〜50分くらいなのですが途中までは山道なので雪による道路状況も気になって帰りが夕暮れてからになるので今日は仕方なかったかも)


「近いうちに会いに行きたいなと考えています」




(微笑)





日曜日お仕舞いです。





# by yoshikazusuzuky | 2018-01-29 00:00 | 黒猫 | Comments(0)
コレ
、、
a0199297_11075161.jpg
ナンだと思います
か?


まもなく使用10年になると思われる
キーボードのキーがすり減り穴が開きそうになっている
僕のMacBook(2008年製13インチ)は
『Time Machine』AirMacバックアップシステムに
接続されているのですが、
起動するとTime Machine本体は、かなり激しく発熱します。

迂闊だったコトに僕は、その本体の上に
アコヤガイの幼生が封入された3cm各のアクリルキューブ
を置きっ放しにしていたので
、、
a0199297_17475409.jpg
a0199297_17481202.jpg

稼働中の高温と夜間休眠中の低温との温度差で
ご覧のようなビックリするくらいのクラックだらけ
「バッキバキ」の爆裂水晶(クラック水晶)状態になって仕舞っていたの
でした。

温度差の威力がココまでスゴいとは
ほんとうにビックリしました



@


風が強く吹いていて
吹き溜まりが大きく深くなってゆきます
。(先ほど帰宅したのですがまるで吹雪の様でした)


土曜日の教室
でした


a0199297_19203977.jpg

a0199297_19224036.jpg

a0199297_19230021.jpg

a0199297_19235495.jpg

a0199297_19232840.jpg



今日くらいの大人数が出入りすると
床は雪解け水でぐちゃぐちゃになりますので
、、(雪かきした雪溜まりで遊んでから
入って来るからね)
a0199297_19245266.jpg

給水のため
床には大量の新聞紙がバラまかれていたの
です。 「だ、、誰か
いますね」(こわイです

ね〜)( 0 )



a0199297_21313260.jpg

受験まで一週間を切った子も
最後の追い込みです。

自分がそれをどれだけ望んでいるのか?

強さは自分を信じる心です。


「いってらっしゃい」



(微笑)




今週は
これでお仕舞い
です






(微笑)













# by yoshikazusuzuky | 2018-01-28 00:06 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
雪が降ると
子どもたちはグチョグチョで学校から帰って来ます。

ズボンや靴下はもちろんですが
いちばんグチョグチョになるのは
、、
a0199297_21302943.jpg
(教室にて乾燥中の図)

『手袋(てぶくろ)』
です
。(雪があれば触らずにはいられないですよね
子どもも大人も?)


手袋の
親指と人差し指
中指の腹の部分に
「当て革」
がしてある理由は
、、
a0199297_21320504.jpg
「スマホ使えるようにじゃん!」
と(そんな当たり前のコトも知らねーの?
的な感じで)子どもたちに教えられました
。(なるほどね〜) ( 0 )


みんなスマホだから知っているのでしょうが
ヨシさんは未だ二つ折りの携帯
(しかも
ボロボロなんだけど)
、、
a0199297_21323175.jpg

a0199297_21324636.jpg

交換するタイミングを掴めないまま
今年もよろしくお願いしています
。(こうして画像で見ると
まだまだイけそうな気がするう〜
ような気がする) f^^:

ノートパソコン
のキーボードのキーも
、、
a0199297_21331625.jpg
すり減って穴が開きそうだし、
教室で使用しているポータブルCDプレーヤーもスイッチ切っても電源落ちずに
「じじじじじじじじじじじじじじじじ」
とかずっと唸っているし(危険なので夜はコンセントを抜いて帰宅する)
、身近な電化製品がことごとく対応年数を全うし
その役目を終えようとしています
。(なーなななななーなな)







a0199297_21335349.jpg
きょうも
雪かきから始まる一日
でした

a0199297_21342328.jpg

a0199297_21343832.jpg

a0199297_21350039.jpg

a0199297_21351556.jpg






教室入り口の手すりに生まれた
可愛らしい「氷柱(つらら)」さん
に思わず微笑んでいましたが場所が悪かったです
、、
a0199297_21360162.jpg
すぐに子どもたちに見つかって
「ぽき」
っと折られていなくなってしまいました





むかし大きく成長した教室軒下の氷柱に
「ツラのすけ」
って名前を付けて見守っていたコトがありました
が、今年は氷柱が成長しそうな
低温警報な冬
ですね





明日は土曜日です。

a0199297_21372386.jpg
もうすぐ来年度の予定のお手紙を回さなければならないのですが
来年度からは日曜日も教室日に加えようかどうしようか
いろいろなカタチの「かいがきょうしつ リベラ」を検討中です。

今年度は6名の小学6年生がリベラを卒業してゆきます。
(今年は中学生になっても継続を希望してくれる子は
何人あるだろう?)

募集広告を出すにあたって
「教室やるなら教室やるか」
と教室日を検討し直して
います



さあ土曜日だあ








# by yoshikazusuzuky | 2018-01-27 00:04 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
寒い朝でした。


気温が上がらなかった昨日は
(上がらないどころか下がる一方で)寒暖計の赤い液体が
日の中も変わらず氷点下を指したままでしたので
昨夜も今朝も冷え込む筈なの
でした。



我が愛猫
黒猫のパトさんの足洗い桶の水にも
氷が張っていて
、、
a0199297_19460102.jpg
その氷に
『不思議な三角形』(正確な二等辺三角形)
が浮かび出していました


産出量が激減したのか最近はあまり見かけなくなったヒマラヤ氷河から産出する『アイスクリスタル(蝕像水晶)』の表面に現われる『トライゴーニック』の様で、自然が作り出したカタチでありながらとても神秘的で美しいです。



a0199297_19520207.jpg
昨晩も降り
積もった雪


そこに残された足跡
は、、
a0199297_19522534.jpg
なんと
6本指の怪物
のモノ
でした!! (たらら〜んたらたらたあ〜らん)


トライゴーニックと怪物の出現
これらにはどんな因果関係が在ると言うのでしょうか!! (じゃじゃじゃあ〜ん) 、、なんてコトは無くて足跡はもちろんパトさんやノラさんのモノで、猫さんたちは一度歩いて残した足跡をもう一度たどるようにして歩いているので、こんな不思議な足跡が出来るのです。(なるほどなるほどなるほどね〜)


足跡の主は
ドコでどうしているか
と言えば
、、
a0199297_19541923.jpg
微細な氷片が西からの強風に舞い上がる(別な言い方をすれば
吹雪いているにひとしい)濡れ縁で日向ぼっこをしているつもりなのでしょうが
ぜんぜん日向ぼっこになっていないので(西に向けた体中が氷の粒でキラキラしていたパトさんを)
このあと温室々内に移動させました


こんなに寒い思いをしてまでも
外の空気を呼吸していたい
黒猫のパトさんなのです







大雪の会津地方から
那須甲子(なすかし)の山を越えて
飛ばされて来るのか
断続的に吹雪いていた
木曜日の教室
でした


a0199297_19551103.jpg

a0199297_19553241.jpg


今日から各曜日の1月教室最終回ですので
「描き上げてくれ〜」
と思ったけど
少しずつ
少しずつ着実に描いてくれてるから
ムリムリ急かすワケにもいかないもんなあ。

a0199297_22085493.jpg
あと一回
時間は必要なだけ
必要なようです

。 (^〜^)




夜の教室
なんと新年初めて
全員がそろいました

a0199297_22093119.jpg
どもども
あけましておめでとうございます。 m( _ _ )m



(微笑)





# by yoshikazusuzuky | 2018-01-26 00:04 | 黒猫 | Comments(0)
外に出してくれ〜
解放してくれ戸を開けてくれ〜
と要求するとき
、、
a0199297_22003715.jpg
我が愛猫
黒猫のパトさんがマズするコトは
、、
a0199297_22033202.jpg
「ぐわし」
と柱に飛びついて
、、
a0199297_22042347.jpg
「がりがりがりがり」
爪を研ぎます


「あ〜あ
見てみなよパトさん?」
a0199297_22142289.jpg
「ニャにがだよ?」



柱がこの通り
キズだらけでございますよ
パトさん?
a0199297_23115864.jpg
猟師さんがこのキズ見つけたら
痕跡読まれて足跡辿られ
獲物だと思われて狩られますよ
パトさん?(それでなくともパトさんは
以前猟師さんの雉子-キジを一羽捕まえて持ち帰って来たコト
あるのだからきっと猟師さんに目をつけれているハズですよ)

(はははー)( 0 )



それでも戸を開けてもらえない場合は
こうなります
a0199297_23280891.jpg

(どんな状況だか判ります?)

電話機が置いてある棚に上り
受話器を右前足で「カッカッカッ」っとやって
外し(このあと落下させ)解放を再アピールするの
でした
。 (やれやれ) f^^:




でもね、
それだけのコトして外に出て行っても
すぐに帰って来て
、、
a0199297_00010383.jpg
ファンヒータの前で「ぬくぬく」暖まっているのだから
黒猫パトさんの気持ちは
読めないのです



(はははははー) ( 0 )






今日は午後から白河市役所文化振興課へ出向き
(例の手紙に関するコトで)なんとも意にはそぐわない決断
を断腸の思いで伝えて来たら
もちろん元気が無くしましたので、
夕食は
『とん亭』
、、
a0199297_23361406.jpg
元気を取り戻すべく
ロースかつ定食のごはん大盛りと格闘して来ました


ロースかつの真ん中辺り肉厚な4〜5切れには
たっぷり和芥子をぬりつけてから塩を振りレモン果汁を搾って食べます。
脂身多い両端辺りの2〜3切れは
すりゴマを混ぜ込んだ「とんかつソース」に漬け込んでおいて
塩味カツを食べ終える頃にはとんかつソースがしっかりと馴染んでいるので
白いご飯のオカズにして食べるのが
、、
a0199297_23424458.jpg
僕の好みな食し方なの
でした

。(「とんかつソース」しみこみカツは高校時代の学食の
「ソースカツ丼」を思い出しながらたべるのです。学校のコトとか友達のコトとか
不登校していてあまり記憶に無いのに、学食のソースカツ丼と豚汁の味は
まるで鮮明に残っているのが不思議なのでした)


今夜のお話しは
これで
お仕舞い
です






# by yoshikazusuzuky | 2018-01-25 00:03 | 黒猫 | Comments(0)