ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

鈴木 直(すずき ただし、1951年6月25日 - )は、日本の古生物の研究者。元いわき市アンモナイトセンター主任研究員。フタバスズキリュウの発見者として著名。 福島県いわき市内郷生まれ。幼少の頃から化石に興味を持ち、その頃から化石探しを始める。中学2年生のときにいわき市北方に分布する双葉層群という地層の歴史が記された『阿武隈山地東縁のおい立ち』(柳澤一郎著)という本に出会い、伯母が住んでいたいわき市大久町入間沢の大久川付近を掘り始める。この双葉層群からは昭和初期に徳永重康・清水三郎両博士によって首長竜の頸椎骨と思われる化石が発見、報告されている(但し発見された化石は不完全で、その化石を首長竜のものと断定するには不十分であった)。 1968年(昭和43年)10月に、伯母の家から300mほど離れた大久川河岸に露出していた双葉層群玉山層でサメの歯の化石を発見、さらに発掘を続け、付近から首長竜の脊椎骨の化石を発見する。やがて連絡を受けた国立科学博物館の小畠郁生・長谷川善和両博士が発掘に参加する。科博の予算の関係により全形の復元までに4年を要した。発掘されたのはほぼ完全な個体1頭分と子供を含む6頭分の部分化石である。特に前者の全長は約6.5mにおよび、環太平洋岸アジア地域でこれほどまとまった骨格が発見されたのは初めてであった。 フタバスズキリュウ 他の種との比較研究などに長年が費やされ、発見から38年たった2006年(平成18年)、この首長竜は発見された地層と発見者の名前から『フタバサウルス・スズキイFutabasaurus suzukii Sato, Hasegawa & Manabe, 2006』と命名され、新属新種として正式に記載された。 いわき市アンモナイトセンター主任研究員を勤め、化石の発掘、調査、復元作業を行う傍らライフワークとしているサメとその歯の研究を進めている。 出典:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/鈴木直

鈴木直氏ご本人に直接お目にかかってお話しさせていただいたのは
、いまから20年近くも前のコトでした。
当時小学生だった娘が、「夏休みの宿題で『琥珀の研究』をしたい」と言い出したので、福島県立博物館を訪ね、古・中生代生物化石と地質研究を専門とする学芸員の竹谷陽二郎先生から、いわき市周辺の地層についてのレクチャーを受け、後日「いわき市アンモナイトセンター」を訪れた折りに、鈴木直氏にお会いしたのです。鈴木氏から、琥珀を産出する地層が露出している場所を教えていただき(数年後にその露頭はコンクリートにより固められて無くなってしまいました)、娘はその場所で大きな琥珀を自らの手で採取するコトが出来ました。その琥珀を持ってアンモナイトセンターに戻り、鈴木氏に見せて解説もいただいたのでした。いやあれはとてつもなく感動的な出来事で、娘よりも僕の方が興奮しました。(^〜^)

鈴木直氏は化石や古生物を愛する大人や子どもにとっての
ヒーローです。(みな同じ気持ちだと勝手に僕は思っています)f^^:
当時中学生だった鈴木氏の
双葉鈴木竜発見の経緯は偶然などではなく、
鈴木氏の飽くなき探究心の賜物であったコトを知って以来
、ますます僕のヒーローになったし、
発見当時の本や記事を読み返すたびに
目を潤ませてしまうのでした。




a0199297_20082341.jpg

首長竜属エラスモサウルス類
『プレシオサウルス・マウリタニクス』
の、「歯の化石」(モロッコ産出)
です




a0199297_20090160.jpg

a0199297_20125160.jpg



表面に刻まれた微細な溝
を、指先のはらでなぞってみると
、、

a0199297_20160005.jpg

遠く遥かな
白亜の海が
奏でる記憶が振動し
歌っているの
を、

感じます


首長竜の見た夢
を、今夜僕も
見れるような気がします

。 (微笑)








土曜日午前中の教室
は、土曜授業が行われた
小学校が多数あって、、


a0199297_20240331.jpg


カナメ以外は
みんなお休みとなってしまったの
でした。


毎週賑やかな教室
ですので、、

a0199297_20232452.jpg


たまには一人も良い
でしょう。


事実
下描き仕舞いとなった
カナメでした。(しっかりとした
下絵描きが出来ました)

a0199297_20325306.jpg
「たいへんよくできました!」

(ガンバったガンバった)

^〜^)/(^〜^*


(微笑)




午後は一人の休みも
なくて、、

a0199297_20354912.jpg

a0199297_20353094.jpg


いつも通りに
賑わいました。


日本最古の公園と伝えられる
南湖公園(福島県白河市)
にあるお茶室 *厳密に言えば南湖神社敷地内にある
「松風亭蘿月庵(しょうふうていらげつあん)」
の屋根の向こう側
から、、
a0199297_20540655.jpg

a0199297_20542587.jpg

気づけばカミサマのお使いである
「ナマハゲ」がこちらを
覗き込んでおりました。

(オモシロい!!)

「こんなコトしていいの?」

と、逆に質問されたけど
ダメな理由が見つけられないです
ヨシさんにはっ! 


(^0^)






16時から21時の教室には
学校や学習塾帰りのリベラっ子卒業生たちが
顔を出してくれて、
笑い声の絶えない教室となりました。

嬉しいコトです。


(微笑)







土曜日お仕舞い

一週間お疲れさまでした。

明日の朝
は、市の一斉清掃に参加してから
の教室です。(汗だくになってから来るようだなあ)





# by yoshikazusuzuky | 2018-07-01 00:00 | 理科室の記憶 | Comments(0)
骨董屋の入り口付近、
硝子の展示ケースの中、
飴色に時代を経た象牙やツゲの木細工
の根付けが入った桐箱が並んだ
その奥に、、

a0199297_19572775.jpg
プラスチック製のケースが
(場違いな感じで)
在りました。

初めはケースの端っこに貼られた値札
に書かれた、
「化石」と言う文字が見えたの
です。

でもそれは化石ではありません。

見つけて仕舞った瞬間から
僕の心臓は「バクバクバクバク」破裂寸前です。


a0199297_19581313.jpg


「ピラルクの鱗(ウロコ)だ」
と思いました。


「ピラルクノウロコダピラルクノウロコダピラルクノウロコダ」


と、心小躍りしながら
思ったのです。


文字や画像や映像から
は、情報を得ていましたが
、実物を見たのは
初めてでした


店の主人にお願いして
展示ケースの鍵を開けてもらいました。


プラスチック製のケースから取り出し
手のひらにのせた
ピラルクの鱗(ウロコ)
は、、

a0199297_19595598.jpg


ものすごく軽くて
薄くて、
そして繊細
でした。

あのゴツゴツゴツしく巨大で荒々しい姿から、僕は、鎧帷子様の硬い硬い鱗(ウロコ)を、勝手に想像して仕舞っていたのですが、その想像は間違いでした。美しい鱗(ウロコ)です。とても、とても、美しい鱗(ウロコ)でした。


透過する光
は、、

a0199297_20004888.jpg

水の精が身に纏う衣の様
です。


「ほしい」

「ほしいほしいほしいほしいほしい」


値札に書かれた値段は、驚く程に安価でした。(小学生低学年の平均的多数派なお小遣いの額です)目の前に立つ骨董屋の主人の気が変わらぬように、この「化石と記載された化石ではないモノ」については、一切余計な情報は喋らないコトにしましたし、メチャメチャ欲しそうな気持ちを顔に出すのも堪えました。(笑)


「ピラルクノウロコダア」
「ピラルクノウロコダア」
「ピラルクノウロコダア」


そうして僕は念願の
(ずっとずっと欲しかったの
ですから「念願」です)

「ピラルクの鱗(ウロコ)」

を、手に入れたの
でした




(なんだか感動)




(^〜^)







夕方に子どもたちの教室が終わった時
、、
a0199297_20042966.jpg
西の空から沸き出した空気から
は、焦げた様な臭いが
しました


日本気象協会発表の白河市の最高気温
は、30.4 ℃ でしたが
「そんなコトないよねぇ」
と言いたくなるくらい
に、体感温度は高く感じました。


子どもたちもこの暑さでダレダレか?
と思われるでしょうが、、

a0199297_20052547.jpg

教室の中はエアコンが効いているので
「さぶっ(寒っ)!」
と言われてしまうくらいに快適です。


快適なのですから
ヨシさんの気持ちも汲み取ってもらいつつ
、頑張ってもうちょっとスピードアップして
描き進めてもらえませんかね〜
と考えて仕舞うのは最もマトモな考え方だと思うの
ですが、、
a0199297_20125158.jpg

a0199297_20131501.jpg

a0199297_20140853.jpg

それが通用しないのが
リベラの子どもたちなのよねェ〜なの
ですよ。(マイペース
マイペース) f^^:

a0199297_20154670.jpg

a0199297_20160560.jpg

a0199297_20163005.jpg

ゆっくりゆっくり
ちゃくじつに
ちゃくじつに筆は進んでいるの
でしょうが。 f^^:



そうそう、きょう子どもたちは
学校でプール開きだったそうです
から、最高のタイミングでのプール開きで
最高に羨ましい!
羨ましい限りです。 (^〜^)



a0199297_20184723.jpg

夜の教室でも
エアコンを切るコト
は、出来ません
でした。


a0199297_21002927.jpg

寝苦しい夜に
なりそうです




明日は土曜日です。





# by yoshikazusuzuky | 2018-06-30 00:00 | 理科室の記憶 | Comments(0)
「君たちは参観かね。」その大学士らしい人が、
眼鏡をきらっとさせて、こっちを見て話しかけました。

宮沢賢治:著
『銀河鉄道の夜』
七・北十字とプリオシン海岸 より


僕は二匹(ふたり)に
博士のようには話しかけなかったの
ですが、、
a0199297_21475227.jpg
黒猫のパトさん
は温室から、


a0199297_21481383.jpg
白猫のノラさんは
濡れ縁下から、


僕の草刈り
の参観でした


しかしもちろん
ふたりとも、
すぐに飽きて
この通り
、、

a0199297_21484673.jpg
つまらないニャん


a0199297_21492947.jpg
あきたニャん


熊出没注意的
大あくび
でした


「そりゃそうだ
草刈り見てても
つまらない」(ヨシ蔵・心の俳句)




パトさんとノラさん
は、おヒマでしょう
が、、

a0199297_21534724.jpg


僕はきのうの続きの草刈り
草むしりを、
無事にすませるコトが出来たの
でした
。 (おわたおわた) (^〜^)



オマケ画像:

a0199297_21544536.jpg
フェネック・ノラ







a0199297_21561393.jpg

木曜日の教室
でした。



a0199297_21564929.jpg

リベラっ子になったユイちゃん
の記念すべきリベラっ子第一作目の作品
は、、

a0199297_21570976.jpg

「ほしみっつですっっ!!!」

(^0^)// キラキラキラ〜〜 ☆☆☆



a0199297_21574929.jpg

a0199297_21580760.jpg

ハルキちゃんもカズキちゃんも
順調に(なのか?)f^^:
描き進めております。  ^〜^)/(^〜^*



夏休みまで
一ヶ月を切りました
。宿題ばっかりのリベラ夏休み教室
開催も間近です。

他の曜日の子どもたちも
夏休み教室が始まる前
までに、なんとかなんとか
『東北の建築を描く展』への参加作品をカタチにしてほしい!!
と、切に切に願うワケです。 m ( _ _ ) m



a0199297_21584847.jpg

夜の教室が終わって、
自分のコトも
ナンとかしながら、、

a0199297_23085488.jpg

a0199297_23091171.jpg

a0199297_23092623.jpg

a0199297_23094109.jpg

(現在加筆中)


本日はココまで。

また明日です。



(^〜^)





# by yoshikazusuzuky | 2018-06-29 00:00 | | Comments(0)

UMA

いまの時代
どこから現われてもおかしくないので
山に入るときばかりではなく、
山にほど近い町中(まちなか)
でもね、、

a0199297_16562340.jpg

熊の出現には
じゅうぶん注意しなければならないの
です。


ならないのですが
今回も、
現われたのは熊ではなくて
、、

a0199297_17025353.jpg


『UMA (Unidentified Mysterious Animal)』
*「馬(うま)」って読むのではないですよ f^^:

「ユーマ(未確認動物)」
が現われたの
でした

a0199297_17045005.jpg
a0199297_17052769.jpg
a0199297_17051020.jpg


こんな姿の生き物を、
公園の遊具で
見たコトがありますか?(しまった「遊具」だって言っちゃった)><


いろいろ調べてみたのですが
まったく該当する画像なり情報には
行き当たりませんでした。


どなたか
何か、
ご存知の方
、、

a0199297_17133166.jpg

ご一報、
お待ちしております

。 * 久し振りに胸躍る「生物(いきもの)」(「遊具」って言っちゃったけど)
に、出逢ったコトに感動

。 (^〜^)







やるべきコトはいろいろあって
毎日その優先順位を決めるのに悩むの
ですが、
きょうは「昨日以上に気温上がって暑くなる!」と思っていたの
が薄曇りで風まで吹いていたもの
ですから、、
a0199297_17145072.jpg
草刈りをするコト
になりました。


黒猫のパトさん
は、、
a0199297_17153670.jpg
温室で待機です。


小さなコロから
掃除機の音にもコワがるコト
がなかったパトさんですの
で、、

a0199297_17241017.jpg
a0199297_17242697.jpg

草刈り機のエンジン音
なんか「へっちゃら」なの
でした。


a0199297_17272173.jpg
「いやいやいややっぱりちょっとコワいニャん」


f^^:



午前中の3時間で草刈り終えて
刈り取った草の運搬作業をしていたのですが、、

a0199297_17332683.jpg

昼過ぎから(雷は鳴らなかったけど)モノ凄まじく激しい雨が降り始めたの
で、残り二割の運搬を終えるコトが出来ませんでした。(また明日ね)


雨を眺めに来た
黒猫のパトさんは、
植木鉢の隙間
に挟まって、、

a0199297_17353764.jpg


なんだかアマガエルのように
見えましたよ。(ケロケロケロケロ)




(^〜^)







# by yoshikazusuzuky | 2018-06-28 00:00 | 街の風景 | Comments(0)
出没する熊
に注意が必要なの
です!!

a0199297_22031560.jpg


けれども
現われたの
は、厳つい顔した熊
ではなくて
、、

a0199297_22052832.jpg
「ん?」


a0199297_22055427.jpg
「んにゃ?」


(ニャんだよビックリしたニャあ)

ってまんまろな目で
おどろき顔をして見せてくれた
、茶トラな猫さん
だったのでした。 (ほほえむ)



清らかな光に
産み落とされた様で
現われて、


a0199297_22085347.jpg


濃い時間の影(トキノカゲ)
だけ残し、


a0199297_22091528.jpg
清らかな光
の中に溶け入る様子に
消えてイった、

茶トラな猫さん
だったのでした


(微笑)






きょうは思わぬコトに
長年憧れ続けていたお昼ご飯を
食する事が出来ました。

a0199297_22194682.jpg

長年そんなコトばかり考えていると
、その姿カタチや味にたいして
過剰な想像(妄想)と期待感を抱いてしまいガチ
ですが、

現実は、その想像(妄想)を遥かに超えた
満足感と満腹感を、

ボクの脳と胃袋に
刻み込んでくれました



「災い転じて福となす」


(全く昼ご飯の内容と意味には合致しないの
ですがこの一文が頭に浮かびましたので
ココに記しておくの
でした)


(まる)








気温は
「33℃」
を示し続けておりました


a0199297_22280360.jpg


明日からは、もっと暑くなるのだそうです。



どうしましょ!?




# by yoshikazusuzuky | 2018-06-27 00:00 | | Comments(0)
a0199297_17292132.jpg
「にゃ〜〜ん」



a0199297_17303305.jpg
「うわっ!びっくりしたにゃん」



久し振りに姿を見せた
白猫のノラさん
、いきなり「にゃあ〜ん」と
大きく声をかけたモノだから、
黒猫のパトさん
ビックリして目がテンです

。 (わらわら) *白猫のノラさんもパトさんといっしょで
左の牙が欠けているコトに
きょう初めて気づきました



白河市は朝から気温が
20℃超えで、
昼過ぎには30℃(車載温度計は33℃)
を示しておりましたので
、、

a0199297_17393288.jpg
日影と風の通り道
争奪戦は必至
でした。(じつはこの直後に白黒取っ組み合いの
大喧嘩が勃発しました) f^^:

* 二匹(ふたり)とも
にケガは無し ^^



a0199297_17432891.jpg

a0199297_17434749.jpg




a0199297_17440249.jpg


白猫ノラさん
の耳の後ろの模様を
白黒写真で写して見る
と、ちょっと素敵に思えたの
です。



a0199297_17470014.jpg

「ぼくのみみの
うしろなんだにゃん」



(^〜^)〜*








きょう、
『第一回 二紀会選抜台湾展』
が開幕しました。


a0199297_19135000.jpeg

台湾の友人から
会場の写真が届きました。
写真はコチラの


a0199297_21265605.jpg
a0199297_21272544.jpg

スズキヨシカズ
出品作品:

『風の生まれる場所に立つ』
宮沢賢治「風の又三郎」より 




『二紀会選抜台湾展』

2018年6月25日(月)〜6月30日(土)

国立台湾芸術大学
の5会場にて開催中
です


どうぞよろしくお願いいたします。




(微笑)





# by yoshikazusuzuky | 2018-06-26 00:00 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
『第一回 二紀会選抜台湾展』
絵画と彫刻による
展覧会が、
国立台湾芸術大学
にて本日開幕します



a0199297_19135000.jpeg



a0199297_21265605.jpg
a0199297_21272544.jpg

『風の生まれる場所に立つ』
宮沢賢治「風の又三郎」より 




『二紀会選抜台湾展』

2018年6月25日(月)〜6月30日(土)

国立台湾芸術大学
の5会場にて開催
です


どうぞよろしくお願いいたします。




(微笑)





# by yoshikazusuzuky | 2018-06-25 00:00 | お知らせ | Comments(0)
孔雀も
神々しい姿
を、して
います



a0199297_19403140.jpg

「ああありがたい
ありがたいなあ」




後光が射したかのように羽根を広げた姿
に、思わず両の掌を
合わせ拝もうとした
その瞬間(とき)
に、、

a0199297_19422652.jpg

a0199297_19425137.jpg

(ビビビビビビビビビィ〜〜〜〜〜ビビ
ビビビビビィ〜〜)


尾羽を震わせ鳴らす
その姿に
『ディロフォサウルス』
を思い出し、
「うわっ!」
と小さく叫んで後ずさってしまいました


a0199297_19432137.jpg

a0199297_19442735.jpg

(映画『ジュラシックパーク』に登場したエリマキトカゲの様な姿で
毒液を吐くディロフォサウルスは誇張された演出である
と最近知りました、、が化石からしか情報は得られないワケだから
その痕跡が0%で無いかぎりはあの姿もアリですね
カッコいいしね)


a0199297_19413170.jpg


(^〜^)






きょうは午後から
雨降りな土曜日になりました


a0199297_21131805.jpg

a0199297_21133699.jpg

a0199297_21135248.jpg

a0199297_21140576.jpg

夕方からの
中学生と高校生のクラス
では、

どういった流れで
そんな話しになったの
か?


a0199297_21514032.jpg

ヨシさんの18歳から21歳までのエピソードで
5時間程を消費してしまい、
絵は全く進まなかった(笑)
中学生と高校生の
子どもたちだったのでした。(笑)(笑)


土曜日の教室も
一週間も仕舞いとなりました。


お疲れさまでした。



(微笑)





# by yoshikazusuzuky | 2018-06-24 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
そこには
熊が出るそうなの
です

a0199297_16511848.jpg

ドキドキしながら
進んでゆくと、

そこにいたの
は、、

a0199297_16585199.jpg


神様のお遣いのような
白猫(目は青色)
と、

魔を寄せつけぬ
凄みを感じる佇まい
した、、

a0199297_17065157.jpg


三毛猫(目は金色)
でした


「コンニチハ
シロネコサン」
「コンニチハ
ミケネコサン」


思わず
二礼二拍手一礼
してしまいそうな
猫さん二匹(ふたり)
に出逢いました。



(深いお辞儀)





公式発表で
白河市の気温は
28℃でしたが
、体感的には
記憶が飛びそうになる様な
たまらなく暑い一日
でした。(週間天気を見ると来週も気温は30℃を行ったり来たり
の厳しい暑さになる様ですね)


その暑さの中
子どもたちは
、、

a0199297_21574370.jpg

(画像はいい子に着席中
の場面)教室終了30分前から
は、外
で、、

a0199297_21590903.jpg

a0199297_21593894.jpg

(みんないなくなったねい)
ダンゴムシとワラジムシを捕まえて
名前を付けて自分の腕に這わせて
遊んでおりました
。 f^^:



夜の中学生
も終わり。


明日は朝から土曜日教室
、机の上に自分の道具を
広げたままにはしておけないの
で、、
a0199297_22020754.jpg


今夜はこれで
お仕舞い
です。



またあした





(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2018-06-23 00:00 | | Comments(0)
『第一回 二紀会選抜台湾展』
絵画と彫刻による
展覧会が、
「台湾芸術大学」
にて開催され
ます。



a0199297_19135000.jpeg


来週の月曜日、
2018年6月25日
より30日・土曜日まで
、台湾芸術大学内の
5つのギャラリーでの開催
です。

美術団体『二紀会』に所属する
委員・会員、
二紀会選抜展に選抜された準会員及び一般出品者
からの281名の作品(絵画240点・彫刻41点)による
展覧会です。


残念ながら
僕は現地へは行けませんが
、この作品が展示
されます。


a0199297_21265605.jpg
a0199297_21272544.jpg

『風の生まれる場所に立つ』
宮沢賢治「風の又三郎」より 



僕がスペインに10年居られた理由である
カタルーニャ文化局の方との出会いの切っ掛けを作り
、僕を第二の故郷スリア(SURIA)へと導いてくれた、
1986年にバルセロナで出逢った
台湾人のタペストリー(綴織-つづれおり)作家の友人にも
、観てもらえたら嬉しいなあ
と思います。(数日前からいきなりFacebookのメッセンジャーが開けなくなって
非公開メッセージが入れられないので仕方なしに失礼ながらにいきなりに
彼女の投稿欄に投稿してしまいましたが読んでくれたかなあ)
(メッセンジャーにメッセージをもらっている方のメッセージも
読めないので内容もわからないので返事も書けないのです)
(ゴメンナサイ!) ><


『二紀会選抜台湾展』


来週の月曜日に
開幕です


どうぞよろしくお願いいたします。




(微笑)








木曜日の教室
に、癒されています

。(あ!夜の大人の方々との教室は別世界の出来事なので
ココでは割愛させていただきます 微笑)


a0199297_20563684.jpg

a0199297_20565258.jpg

a0199297_20570890.jpg

a0199297_20572723.jpg

a0199297_20574369.jpg


前回の教室終わりに
「おわりたくないよ〜かえりたくないよ〜」
とベソかいた
ねんちゅうさんのゆいちゃん。
きょうは水彩絵の具を使ってチューリップとチョウチョの絵を描いていたのですが
、教室終わりに絵の具箱に絵の具のチューブを仕舞うとき、
「くろのえのぐがたりないよ」と言うので、
(リベラでは原則黒没収だから無いのですが)
「あ、ヨシさん黒の絵の具大好物だから食べちゃったよ〜」
と答えたら、それはもう小粒のハーキマーダイヤモンドのように透明で
純粋な涙をポロポロこぼして大泣きするのです。


もうヨシさんそれだけでココロが浄化されて
週末に立ち向かう勇気をもらっちゃいます
わ。(^〜^)


きょうもそんなふうにして
(墨の下地に描く作品たちのテーマに行き当たりましたので
そのテーマに沿った下地をいまの下地に重ねましたら
いよいよ描写を始めます)お仕舞いになりました。


また明日です。




(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2018-06-22 00:00 | お知らせ | Comments(0)
早いコは3歳から、ほとんどの子は
小学生のどこかのタイミングで
、リベラっ子になります。

ココに書いたら
それこそその子にぶっ飛ばされそうな(笑)
「(ヨシさんは)おまえらのお母さんか!?」
みたいなコアな部分でのお世話もしながら、
子どもたちは大きくなって
、何時かリベラを卒業してゆきます。

卒業してゆくタイミングは様々です。

中学校に進学する時だったり
、高校受験の年だったり、
高校を卒業して大学に入り
地元を離れる時だったり。

もちろん僕とは馬が合わずに
時期を待たずに離れてゆく子も
ごくごく稀にあります。(リベラを開設してからの
13年間で3回あったなあ)

お付き合いも長くなり、卒業の時期にさしかかると
、将来を視野に入れて「絵を描くコト」を真剣に考えはじめる子たち
も現われます。

美術系大学への進学を思案する子もいます。

目標を高く掲げて、
自分の美的才能と技術を磨くコトに
心血注ぐ覚悟で、
絵と対峙する子たちが
現れます。

その子たちに必要なモノを僕は持っているけれど
、あまりにも長い時間をかけて
深い場所で子どもたちに関わり続けて来た僕は
、(言葉では上手く説明出来ないのだけれど)
それをより良いカタチで示せても、
より良い環境の中で手渡してあげれなくなっているコト
に(歯がゆいけれど)気づきます。

美大受験に必要なのは、(もちろん描く技術と自分と言う個を自覚するコトは
当たり前に必要なのだけれどもその他に)同じ目標を掲げる仲間と出会い
不思議な存在感を持った空気に満たされた空間で絵を描くコトです。

仲間との言葉でのやり取りも
もちろん大切です。でももっと大切だと僕が思うのは
、その空間で呼吸を繰り返し
自分を空気で満たすコトです。

その空気は決して心地よいばかりでは
ありません。

しかしそれが必要です。

残念ですが
「かいがきょうしつリベラ」
では役不足で
それが出来ません

その子たちが素晴らしい何かを持っているとしたら
、適切な時期に、かいがきょうしつリベラと
僕から離れてより良い環境に身を置くコトが
その子たちにとって
最善の選択
です。


そんなワケできょう僕は
、他の大きな町に出かけて行き、
美大受験に実績のある絵画教室を訪ねて来ました。
そこでは同じ目標を掲げた何人もの子どもたち
(高校生を子どもたちとは言わないか?)
が絵を描いていました。
その光景はとても望ましいモノである
と僕は感じました。


その光景の中にとけ込むように
加わっているリベラっ子の姿を想像しました。


「夢を叶えてほしいなあ」


そう思いました。


なんだか意味の通じない文章ですが
そう思ったのでした。







# by yoshikazusuzuky | 2018-06-21 00:06 | 繋がる想い | Comments(0)
大阪の友だちに電話をしました。
不幸中の幸いにも
(家の中のモノが壊れはしましたが)
友人にもその家族にも
ケガはなかったそうです。
少し安心しましたが
、被害を受けられた方々に
心からお見舞い
申し上げます。
まだ余震は続くかと思われます。
自然の成せる技。予測も出来ないコトですが
、どうぞそれに
備えて下さい。
はやく日常が
もどりますように。






自宅の軒下に
コガタスズメバチの巣
が出来ていました


a0199297_20163594.jpg



2015年の8月に
オオスズメバチが巣を作ったのも
、この軒下から屋根裏に続く隙間
でした。 https://suzuky.exblog.jp/21530271/


今回はコガタスズメバチの
長さ18cm強の巣
だったので
、、

a0199297_20262151.jpg

ハチたちの姿も見えなかったので
自分で取り除きましたが
巣の中には、4匹の幼虫とたくさんの卵
がありました

申し訳ないけれども
コレばかりは仕方ないと
思いたい
、、です





こうなってくると
「あなたはナニがしたいのですか?」
と言われそうだし
「自分でもワケがわからなくなっているのではないのかな?」
と思われそうですが
、そんなコトはなくて
頭の中は破裂しそうなカオスの映像で
満ち満ちているので、
「ぐちょぐちょ」
するので夢中です。

a0199297_20403062.jpg
a0199297_20404516.jpg
a0199297_20410418.jpg
a0199297_20412576.jpg
a0199297_20414374.jpg
a0199297_20420218.jpg
a0199297_20422267.jpg
a0199297_20424389.jpg
a0199297_20425887.jpg
a0199297_20431377.jpg
a0199297_20432752.jpg
a0199297_20434708.jpg
a0199297_20440610.jpg
a0199297_20442136.jpg

コレらが乾くと
どうなると思います?

僕にもワカラナイんですよねェ〜 (わくわく)

いつまでも
下地で遊んでいる場合(自分で「遊んでる」って
言っちゃいました)ではないので
そろそろ形(カタチ)を入れてゆきましょう。

自分でもどうなるのかわかっていないのだ
と、自分で認識してソレに挑めば(臨めば)
先が見えない不安に戦くコトもしなくてすむし、
自分のコトは自分で解決すれば良いや
と思えて、心が楽になるのでした。


(びしょう)






暑かった一日
の、夕暮れは穏やか
でした

a0199297_21122782.jpg

a0199297_21125663.jpg


飛行機雲を眺めているような
(うわ〜まっすぐきれいにのびたよね
〜って言っているような)
月もそこには
ありました。



今夜はココまで。

a0199297_22005113.jpg

a0199297_22011153.jpg

仕舞いとします。



(微笑)





# by yoshikazusuzuky | 2018-06-20 00:00 | 街の風景 | Comments(0)
a0199297_16300969.jpg

わたしはごみぶくろです
わたしはごみぶくろです



a0199297_15421962.jpg

わたしはごみぶくろなのであなたにはみえません



a0199297_15414528.jpg

みつかりませんようにみつかりませんようにみつかりませんように



a0199297_15424449.jpg

ううう
もうだめだ
どうしたって
にげられない
ニャん



と言うワケで
、可燃物の月曜日
でした。

ゴミ集積所のネットの下にもぐり込んで
「何か美味しいモノはないかニャん?」
と、物色を続けていた
トラ猫さんは、
突然の僕の登場に凍りつき
、なんとかして脱出する方法を思案したの
ですが、思いつかずに覚悟を決めたかのような遠い目をしてみせるの
で、知らん顔でソッポ向きながらゴミを置く振りしながら
緑色のネットをめくったら、
その隙間からサーカスの人間大砲のような勢いで
、逃げ出して行ったトラ猫さんだったの
でした。 (^〜^)






午前中は
カメちゃんの教室でした


a0199297_15485617.jpg
a0199297_15501850.jpg
a0199297_15503238.jpg
a0199297_15504898.jpg

家の前の花壇
に、花が咲きました。(庭の木には
ハナミズキのピンク色の花
が咲きました)




午後からは
コットマンサークル
の教室でした
。 教室開始から一時間強を使って
僕は教室前の花壇に生徒さんが持って来てくれた
マリーゴールドやらケイトウやら
、、
a0199297_16574808.jpg

a0199297_16580790.jpg

(この赤い花は名前ワカラナイ
聞いたのにワスレタ)ナニやらカニやら
たくさんの苗を植えました。

ひと雨来そうな空模様だったので
教室中にもかかわらず草むしりして
植栽して

なんとも御法度破りに豪気な教室
でありますね
自由すぎンだろう!
まったくもう!! f^^:

ってな感じでありました



(まる)




(^〜^)







# by yoshikazusuzuky | 2018-06-19 00:00 | 街の風景 | Comments(0)
一見すると(じっくりと見ても?)
グロテスク。教室に置いてある
「トビトカゲ属
有鱗目アガマ科」
の、標本です


a0199297_18520160.jpg
a0199297_18522884.jpg
a0199297_18531031.jpg


『トビトカゲ属有鱗目アガマ科』(とびとかげぞくゆうりんもくあまがか)

実に心地良い
言葉の響き
です。


(^〜^)






日曜日の教室
が、仕舞いになり
ました
。(それは21時
のお話し)


a0199297_20295041.jpg
a0199297_20300958.jpg


午前中のアイちゃんで
インタビューの録音を終えて
、お昼休みにボイスレコーダーを
ポストに投函しました。(もちろんちゃんと梱包し
レターパックで発送しましたよ)

アイちゃんの
『東北の建築を描く展』
に出品する絵が出来上がりました

a0199297_20343534.jpg

アイちゃんらしい作品
に、なりました

。 (^〜^)




今夜はココまで。



明日はカメちゃんから始まり
コットマンサークルへ
と、続きます




(微笑)








# by yoshikazusuzuky | 2018-06-18 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
古道具屋の片隅で
12インチ人形に持たせるのに
ちょうど好さそうな
「ピューター製のミニチュア工具」
を見つけたので、、
a0199297_20282891.jpg


大好きな所ジョージさんの番組
『世田谷ベース』へのお手紙(ファンレターかな?)
に「練り込んで(ハガキ作りの「紙漉(かみすき)」の段階で
練り込んで)しまおう!」
と、考えていたの
です。(面白いでしょう?)

でテーブルの上に出して置いたの
が、今朝のコトですよ。

それが、午前中の教室が終わる頃
にはご覧の通りの有り様
です。

a0199297_20320985.jpg

いつの間にやら
折れて折られて壊されて
ハサミはバラバラになっておりました
とさ

。 (まる)


「あ〜あ
何でこうなるの
かねえ〜?」



(泣)






きょうの午前と午後とで
「ほぼ完了」となるインタビュー
です。

a0199297_20324424.jpg


(明日の午後には
レコーダーを返送する予定
です)


子どもたちの心理とは複雑なモノですね。

レコーダーが回っていてもいなくとも
関係なく同じように行動し言動出来るの
は、大物だとは言わないけれども
「たいした根性してるよな」
とは思います。

ほんと、たいした根性だ
とは思いますが
、僕はたいした根性をしていない小心者なので、
毎週毎週「リベラつまんね〜」「なんのために
月謝はらってんだよ」「頭おかしいんじゃねーの」
「リベラやめてェ〜」と聞かされ続けていると、
ただただぐってり、心の底から
、疲れて果てて
仕舞います。


でもその子たちはそう言いながらも
リベラに来続けているの
です。


それには何か
理由があるのだ
と考えるの
です。

僕にも理由(わけ)があって
今の僕になっているように
、子どもたちにも理由があって、
その理由に従うように行動し
発言して、今の子どもたちになっているのだと思うの
です。

「では僕に何ができるのか?」

何も出来ないのです。

ただココに居るコトしか出来ないのです。

午前にも午後にもモノが壊れて
悪態を吐かれてもナオ
、怒鳴りつけるコトは出来ても
真心込めても本気でひっぱたくコト
は、許されない僕は淡々と話して言って聞かせる以外
ナニも出来ないままに
、この場所に居続けるの
でした。


「つまらない」
なんて考えたコト
無いなあ。


「つまらない」
なんて考えたコトの無いこの気持ち
が、上手く伝わると良いなあ
と思います。


伝わったら何かが変わるだろうか?



(ちからなくではありますが
ほほえんでみます)






明日(きょう)、
6月17日(日)
『肉の海』
は千秋楽を迎えます
ね。


a0199297_20401348.jpg

渡辺えりさんから
お礼状をいただきました


渡辺えりさんには、
とても素敵で初めての
貴重な経験をさせていただきました

a0199297_20441011.jpg

リベラっ子たちを
見つけてくれて、
ただただ感謝の気持ちで
いっぱいなの
です

。 (^〜^)




「ありがとうございました」


「心から心から感謝します」 (微笑)







夜の教室に卒業生の
ユーカちゃん(高1)が来て
カナコちゃん(高3)が来て
トマ(高1)が入れ替わり立ち替わり
、遊びに来てくれました。


スゴく
嬉しかった
なあ




(^〜^)





# by yoshikazusuzuky | 2018-06-17 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)

by yoshikazusuzuky